英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

なんで英語が話せない?英語力向上の鍵はシャドーイング

2021/03/02

なんで英語が話せない?英語力向上の鍵はシャドーイング

 
日本人の中には、学校のテストやTOEICの試験で結果が出せるのに英語を流暢に話せないで困っているという方は多くいます。話せないことで、留学や昇進・昇格を諦めざるを得ないというケースにもなります。今回は、なんで英語が話せない?英語力向上の鍵はシャドーイングについてお伝えします。
 

なぜ日本人は英語を話せない?

 
日本人にとって英語は、難しいと感じる語学学習といったイメージも強く、限られた人しか習得できないスキルと感じているのではないでしょうか。学校のペーパーテストやTOEICで結果が出せるのに英語を話すことが出来ないという方も多いため、日本人は英語でコミュニケーションを図ることができないのです。
 
これは、英語をインプット学習のみでクリアしようとする日本の学校教育から養われた力で、アウトプットさせる学習が御座なりになっている状況が問題なのです。
インプットした情報が、正しくアウトプット出来ないことが英語を話せないに繋がっています。まずは、英語の基礎構造を理解し、英文を正しく構築することが大切になります。
そして、構築した英文を正しく発声するというのが、コミュニケーションツールとしての英語の全容です。
 
従って、日本人は暗記学習に徹する英語学習だけで終わりではなく、アウトプットする能力を向上させなければならないのです。
 

英語力向上の鍵はシャドーイング

 
英語の構造や規則と言った基礎が理解できれば、自分の意思を英文に構築することは出来るようになります。そこから、相手に伝わる英語を話すという手段に出るには、発音やイントネーションを鍛えていかなければなりません。
 
その力を自発的に向上させる学習方法がシャドーイングになります。学生が外国人と出会って話す機会を持つことは難しくもあります。
ですが、現代ではインターネットの動画サイトや洋画や海外ドラマなどの音源を利用することができるため、英語の発音やイントネーションを真似するトレーニングですので、一人でどこでも行えます。原則として声を出すトレーニングですが、声が出せない環境でも、口パクや小声でも十分効果はありますので取り入れやすい英語学習法となっています。
 

まとめ

 
英語が話せない方はまずは、英語の基礎構造への理解が足りているかが重要なポイントです。英文を正しく構築することが出来ていなければ、相手へ情報を伝えられません。英語の基礎構造への理解が深まれば正しい情報を伝えられるようにはなりますが、流暢に英語を話せるようにするには、発音やイントネーションにスピードといった面のトレーニングが必要となってきますので、シャドーイングでリスニングとスピーキングの力を向上させていきましょう。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約