英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

小学校から英語教育を行うメリットと社会人からの英語学習の違い

2021/03/03

小学校から英語教育を行うメリットと社会人からの英語学習の違い

 
教育改革により小学校からの英語学習がスタートし、早期取り組みにより日本人の英語力を向上させようといった状況になりました。ですが、今本当に英語が必要となっている社会人の方が英語習得はできないのかと言えばそうではありません。今回は、小学校から英語教育を行うメリットと社会人からの英語学習の違いについてお伝えします。
 

小学校からの英語教育を行うメリット

 
2020年の教育改革により英語学習が小学校3年生より始まることになりました。早期に英語に触れる時間を増やすことで、英語への抵抗を無くすことや使うことへ慣れ親しむこともできるため、早期取り組みで英語習得が目指せるようにもなるのです。
 
日本人の英語力は世界でも最低レベルとされているため、早期教育で英語への苦手意識を解消しようという考え方は悪くはありません。しかし、この取り組みが身になるのはまだ先の話ですし、必ず成功につながるという保障がないのが学校教育の改革でもあることを忘れてはいけません。
 
学校で英語学習が行われていたのは、昔から何ら変わっていません。正しい英語学習を積まなければ、外国人に通用する英語力は養われません。従って、早期英語教育が始まったからと言って正しい英語学習が行われなければ意味がないのです。
 
では、日本人にとってどういった英語学習が正しいのかという疑問を抱くのではないでしょうか。これは、子供・大人問わず関係してくる内容でもあるのです。
 

子供も大人も英語の基礎が分からないじゃダメ!

 
早期学習する子供も、仕事で英語が必要となる大人も、英語学習をスタートする場合には、英語の基礎部分を疎かにして、スピーキングから始めたり、リスニングだけといった端的な学習を進めても情報を統制して使える様になるということはありません。
 
正しい英語の構造や規則といった概念を無視して英語学習に取り掛かっても、正しい英文を構築できずに、相手に伝わらない英語になってしまうので、基礎を無下にしてはいけません。これは、大人であっても子供であってもしっかりと理解しなければいけないポイントとなります。
 
社会人の方が英会話スクールに通っても、英語を話せる様にならない理由も自身の覚えた情報を正しく組み立てる能力が備わっていないからと言えます。フレーズ集などを一生懸命暗記したところで、実際に使えるフレーズも限られビジネスシーンや日常で使える英語は汎用性がなければ意味がないのです。そのため、英語はどうやって組み立てて会話にすれば相手とコミュニケーションを図れるのかといったポイントを押さえなければ成長させることは出来ません。
 
早期英語学習であれ、大人の英語学習であれ、英語の基礎からしっかりと理解して学習を進めることが大切なのです。
 

まとめ

 
英語の早期学習が取り入れられることになり、自分の子供は英語が話せるようになると思っている親御さんは注意してください。今までの英語学習法とは違うと言っても、勉強に取り組む姿勢であったり学習要項が難しく難解だと感じれば早期英語学習が身になるとは言えません。LIBERTYのような、英語の基礎から正しく理解させる学習を取り入れた学習機関で学ぶことをおすすめしております。ご興味がございましたら、ぜひ無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約