英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

日本の英語教育の常識に固執するのは危険?英語習得を目指す!

2021/03/03

日本の英語教育の常識に固執するのは危険?英語習得を目指す!

 
日本の学校教育では、暗記主体の授業から使うことを意識した英語学習へと変化しつつあります。ですが、日本の英語教育の常識に固執するのは危険でもあるのです。今回は、正しく英語習得を目指す方法についてお伝えします。
 

日本の学校教育の変化

 
日本では、英語の重要度が高まり英語学習の取り組み方にも変化が起こっています。
グローバル化により、海外を舞台に活躍する日本人・日本企業が海外の企業と取引や商談を交わすといったケースが増えていることもあり、英語力の向上が必要不可欠な時代と変わってきているのです。
 
そのため、日本の学校教育でも英語学習が暗記主体な学習から、英語を使えるようにするコミュニケーションツールとしての学習へと変革されるようになりました。ですが、この切り替わりは2020年から切り替えられたばかりで、教員の英語力の底上げも必要となるため、日本人の学生が高い英語力を養えるようになるという保障はまだありません。
 
そして、ペーパーテストで評価する日本の学校教育では、英語を話せるや聞き取れるといった能力を図る試験は行われないため、最終的に英語4技能を使いこなせる学生は限られてきてしまうでしょう。日本の学校教育の目指す英語習得への取り組みは将来を見据えているものですが、学校教育の現場がまだそれに付いていけていないのが現状なのです。
 

学校教育に固執しない英語習得方法

 
学校教育は、進学やテストのための英語学習がやはり主体となるでしょう。そのため、使うことを意識した英語学習と言っても暗記に頼った学習から脱却するのは難しいでしょう。
また、中学校・高校と今まで行っていた英語学習方法から、急に使う事を意識しなさいと言われても英語の正しい使い方を理解していない学生が大半です。
 
ですので、学校教育の英語学習方法に捉われ過ぎれば、使える英語をマスターすることは困難となります。英語の覚えた単語や語彙に文法の正しい使い方を理解する必要性が出てきます。
 
LIBERTYでは、母国語を英語とする教養あるエリート層が操る本格的な英語習得を目指すカリキュラムを組んでいます。グラマーテーブルを軸としたメソッドで、英語の構造や規則を理解し、英語の核が強化されることにより、Listening/Speaking/Reading/Writingという英語技能全般の能力が向上します。
 

まとめ

 
日本の学校教育でも、グローバル化に通用する英語力向上に向けた学習への取り組みが進んでいますが、教員レベルや学生の基礎の理解が進んでいないこともあり、そう簡単に習得できる状況ではございません。高い英語力を養い将来役立たせたい学生は、LIBERTYでの学習に励んでみることをおすすめします。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約