英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

クライアントが日本人じゃない!グローバルな現代に必要な英語力

2021/04/03

クライアントが日本人じゃない!グローバルな現代に必要な英語力

 
日本企業の中には、クライアントが国内の企業だけでなく海外企業との取引が多いケースも増えています。学生や社会人の語学力の向上は日本経済を助ける事にもなるでしょう。今回は、クライアントが日本人じゃない!グローバルな現代に必要な英語力についてお伝えします。
 

現代のクライアントは日本企業だけじゃない

 
日本の企業にとってサービスを販売する相手は既に日本人だけではなく、世界規模のユーザーをターゲットにしているケースが増えています。そのため、語学力の向上が必要不可欠でもあるのです。
 
また、国際化に対応できるグローバル人材の育成に力を入れる大学も増えていますが、実際にその力を養っている社会人は数少なく、国際化の波に乗れている日本企業はごく少数だと言われています。
 
日本のシェアを奪い合うよりも、海外でビックビジネスのチャンスを掴んだ方が可能性が高いとも言われているため、企業も海外を視野に入れていることもありますが、実際には語学力不足などの問題もあり海外シェア獲得まで至っていないというのが、現在の日本の実情でもあります。従って、日本人の英語力向上が今後の日本経済を左右するとも考えられているのです。
 

グローバルな現代に必要な英語力

 
グローバルな現代において必要とされているのは、民間英語試験や学校のペーパーテストで良い点を叩き出すだけの英語力ではありません。対人でのコミュニケーションを図ることができる使える英語力を養わなければいけないのです。
 
ビジネスシーンでメールを仕分ける作業などができるという方はいても、電話対応や商談にプレゼンテーションを英語で出来ないという日本人は多い状況です。企業に求められている英語力を身に付けているケースは少なく、高い英語力を養うことが社会全体で求められています。
 
現代社会では4技能の英語を使えて、やっとビジネスシーンで活躍の場を与えられる状況です。また、英語力により収入をアップさるや昇進・昇格にも繋がっていくため、本格的に使える英語学習を始めることをオススメします。
 
LIBERTYでは、母国語を英語とする教養あるエリート層が操る英語を習得するためのカリキュラムを組んでいます。グラマーテーブルを軸としたメソッドで、英語の構造や規則を理解し、英語の核が強化されることにより、Listening/Speaking/Reading/Writingという英語技能全般の能力が向上します。
 

まとめ

 
日本企業も国際化へと舵を切っている状況です。クライアントもまた日本人ではなく、外国人相手というケースも珍しくなくなっています。現代社会に必要不可欠な英語力を早くから養い、将来有望な人材として成長できるようにして行きましょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約