英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

リーディング学習に活用できるシンプル英語版ウィキペディア

2021/04/03

リーディング学習に活用できるシンプル英語版ウィキペディア

 
日本語を勉強している外国人にも分かりやすいように平易な言葉でシンプルな文章を用いたやさしい日本語があるように、英語を学習する人も対象とし情報が発信されているのがシンプル英語版ウィキペディア。リーディング学習や多読学習に活用することができます。
 

シンプル英語版ウィキペディアの難易度

 
語学学習では英語学校に通ったり、問題集や参考書を購入したりしなければならず、お金が掛かるといったイメージが強かったのですが、無料学習アプリやYouTubeなどを利用することで費用を抑えながら学ぶことが可能となりました。
そして、スマホやタブレットなどネットを利用できる環境があれば、海外サイトにアクセスしたり、SNSで外国人と交流することが出来るようになり、英語時間を作り語学学習に活かせる環境というのは充実してきている状態でもあります。
 
そして、隙間時間にも気軽にアクセスでき、リーディング学習や多読学習で活用できるコンテンツがウィキペディアであり、英語初級レベルの人が取り組みやすいのが、英語圏に住まう子供達や学習障害のある大人の方、英語学習に取り組み始めた学習者を対象として作り上げられているシンプル英語版ウィキペディア(Simple English Wikipedia)です。
 
掲載されている記事は複雑で難しい文法を使うことなく平易な言葉が用いられ、短文で読みやすいように構成されているため、中学英語レベルを強化したい方や復習したい方などにはオススメです。
 

シンプル英語版ウィキペディア活用方法

 
日本語版でもウィキペディアを活用したことがある人は身に感じていることでしょうが、誰でも投稿できる百科事典や情報まとめサイトというだけあって、スポーツ・政治・歴史・エンタメなど掲載記事のジャンル幅が広いのが特徴でもあります。
そのため、興味がある内容からリーディング学習に利用することができるため、つまらないといった感情を軽減でき、モチベーションの維持が行いやすく継続させて習慣化しやすい英語学習でもあると言えます。
また、知っている事柄はイメージしやすいため、身近な食べ物であったり、アニメのキャラクターなどで検索することで、英文とイメージが紐づけしやすいというメリットもあります。

ただし、単純な言い回しや簡単な文法のパターンが多いため、より英語レベルを上げたいという方は、通常のウィキペディアと比較しながら読み進めたり、仕事で英語を活かしたいという方は業務内で使用するワードを検索して必要な英語力が上達できるようにするといった取り組みは大切でもあります。
 

まとめ

 
リーディング学習や多読学習ではレベルが高すぎるものをツールとして選んでしまうと効果的に能力向上を図ることもできませんし、興味がないものであれば英語習得に必要な英語の習慣化の失敗にもつながってしまいます。英語を一から学び直しをする社会人の方、英語初級レベルの方は、スマホがあれば簡単にアクセスでき、初歩的な英語レベルとも言われる中学英語を押さえるために、シンプル英語版ウィキペディアを活用してみると良いでしょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約