英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

留学経験を積める早稲田大学や国際教養大学が人気となる理由

2021/04/04

留学経験を積める早稲田大学や国際教養大学が人気となる理由

 
大学進学する高校生の中には、語学力の向上を目指してカリキュラムを選考するケースがあります。そして、在学中に海外留学が必須となれば、語学力を向上させる意欲も高まります。今回は、留学経験を積める早稲田大学や国際教養大学が人気となる理由についてお伝えします。
 

異文化交流を深めることで得られるメリット

 
現代社会において英語力の向上は、就職先などで役立つスキルとしてあげられます。
しかし、日本人の多くは英語習得することが出来ずにいます。そのため、英語力が高い学生を企業側が望んでいることもあり、良い就職先に内定を貰うためにも語学力を高めようといった考えを持つ学生も少なくはありません。
 
また、英語力があれば日本国内の企業への就職ではなく、海外の企業への就職を目指すチャンスを掴む方法も取れるため、幅広く活躍の場を模索することもできるのです。
このような考えを持つ学生が、早稲田大学や国際教養大学などの異文化コミュニケーションを図れる学部への進学を目指す傾向にもあります。
 
語学力向上だけでなく海外の協定校に留学し、異文化を学び語学力を向上させることが必須となっていることもあり、早くから海外での経験を積むことができるというメリットが生まれる学部でもあるのです。
 
一般的な経済学部などに進学している学生が海外留学する場合には、自分の意思で自主的に行動しなければ留学することはないでしょう。必要性を感じて留学するとなれば準備にも時間が掛かるため、留学したとしても経験値をしっかりと積めるとは限りません。
 

留学するまでの準備期間の大切さ

 
海外大学への留学や進学を目指す場合に十分な英語力が養えていなければ、授業への対応や日常生活で苦労することになります。日本人の多くは英語力に問題を抱えていることもあり、留学することへの抵抗もあるのです。
 
ですが、現代のグローバルな社会において英語力が低ければ就きたい職業で内定を貰う事さえも難しくなります。例え、ペーパーテストで幾ら良い成績を残していても、使える英語力や海外での経験がないと採用されないケースもあるのです。そういった状況にしないためにも、国内で高い英語力を養い、海外挑戦の経験をしておくことも重要になります。
 
LIBERTYでは、英語ネイティブが感覚的に捉えている英語を体系的に身につけることで、教養あるエリート層の完成された英語を習得することができます。高い英語力を養い、海外を意識した進学や海外留学への挑戦を目指してはいかがでしょう。
 

まとめ

 
グローバルな現代において、語学力の向上や外国人とのコミュニケーション能力を養うための、留学や大学選びは大切な経験を積む場となります。将来役立つ能力や価値観を身に付けるためにも、まずは英語力を向上させる学習に取り組むことをおすすめします。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約