英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

留学後の転職を失敗させないために社会人が考えるべきこと

2021/04/04

留学後の転職を失敗させないために社会人が考えるべきこと

 
海外留学を考えるのは、これから就職を迎える学生だけではありません。キャリアアップを図るために一度離職をして留学を経て転職を目指す方も増えています。今回は、留学後の転職を失敗させないために、社会人が考えるべきことについてお伝えします。
 

留学が意味をなさない

 
留学を経験することで英語力や、国際交流による多様性のある考え方など、グローバル社会で求められているスキルを身に付けることが出来ます。
しかし、渡航すれば必ず転職に有利になる望む能力が手に入るということではありません。
 
滞在先で引きこもってしまえば外国人との交流による成長を図ることもできませんし、旅行気分で過ごせば海外でしか得られない経験を十分に積むこともできません。
留学を行うにあたり海外でどう過ごすかが鍵となり、留学の成否を分けるのです。
 
そして、転職では留学をしたことがステータスになるのではなく、留学という経験をどう活かせたのかが重要となるため、成果が出ない海外体験は意味をなさないと言えます。
どんな成長を望むのか、どう行動を起こすことが結果に結びつくのか、留学前に綿密に計画を練り、スムーズに遂行できるように英語力向上など国内でできることは対処しておくことが大切となります。
 
また、英語学習の方法が多様化する日本では、国内でも十分に高いレベルの英語力を身に付けることが可能です。そのため、語学留学を行う方は、なぜ海外留学という方法を取ったのかを説明できることがベストでもあります。
 

転職先の業種の動向を把握し続ける

 
留学中でも企業は進歩をし続け、市場の動向というのも変化をし続けています。
まったく新しい業種に転職する方も、前職のスキルを活かした転職を希望する方も、転職先の業種に関連する動向というのはチェックしておく必要があると言えます。
 
インターンシップなどを活用したとしても、より成長するために触れてこなかった新知を学ぶこともあるため、市場のタイムリーな話題というのは自身で収集する必要性もあります。また、前職の能力を武器にしたいのであれば保有スキルが衰えないよう努めることも大切なのです。
 

まとめ

 
次なる転職に役立たせるための留学ではありますが、留学しても何も成果を得られなければ面接ではマイナスポイントになってしまいます。そのため、海外留学の目的を明確にして、無駄な時間を過ごさないように計画することが大切です。
また、一般的な就職活動や転職活動と同じように、企業の動向や、市場の流行などは理解しておくことも必要不可欠となりますので、情報を収集する時間などを踏まえたうえで計画を立てていきましょう。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約