英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

アメリカの朝食事情と活用できるフレーズをご紹介

2021/05/02

アメリカの朝食事情と活用できるフレーズをご紹介

 
アメリカの朝食事情をご存知ですか?アメリカの朝食と聞くと、ホテルの朝食を想像する方も少なくないはず。この記事ではそんなアメリカの朝食について迫っていきたいと思います。朝食で活用できるフレーズもご紹介していきますよ。
 

アメリカの朝食メニューは豊富だった!

 
冒頭でも登場したホテルのバイキングから和の要素を抜いたのがアメリカの朝食です。スクランブルエッグ、ベーコン、マフィン、サラダにヨーグルトにフルーツ等々。また、各々どれほど食べたいかでメニューも変わります。朝からあまり食べられない方はフルーツやシリアルで済ませ、朝からたくさん食べられる方はステーキ(Brakefirst Steak)でお腹を満たすのだそう!自由な国アメリカならではですよね。
 

アメリカのモーニング

 
アメリカでは、朝食を家庭でとる人もいますが、日本で言う「モーニング」に行く人も多くいます。アメリカのモーニングは「American brakefirst」と言われており、中には朝早くからお昼頃までしか営業していないお店もあるのだとか。
 
ボリューミーなお店もあり、食べ切ることができない人もいるかもしれませんが、アメリカのほとんどのお店では「to-go box(持ち帰り専用の容器)」が用意されており、持ち帰ることができますのでご安心ください。
機会がある方はアメリカのモーニングに行ってみると良いでしょう。
 

朝食に関するフレーズ

 
さて、アメリカでの朝食で活かせるフレーズをチェックしておきましょう。
まずは「How would you like your egg?(卵の焼き加減をどうしますか?)聞かれることがあります。
 
半熟が良い場合は「Please cook the egg over easy(卵を半熟にしてください)」、日本風の片面焼きが良い場合は「〜sunny-side up」半熟よりも黄身を固めに焼いて欲しい場合には、「〜over medium」、しっかり焼いて欲しい場合には「〜over hard」という風に答えましょう。
 
また、ソースの種類も様々で、中には日本で見かけないようなものもあります。
そんな時はソースを指差しながらウェイターに「What does it taste like?(どんな味がしますか?)」と聞いてみましょう。
 
さらに、モーニングは、コーヒーを一度注文すればおかわり自由という嬉しいサービスがあります。おかわりが欲しい場合は「Could I have another cup of coffee(コーヒーのおかわりいただけますか?」と言いましょう。ウェイターが「More coffee?(おかわりいりますか?)」と聞いてくることもありますよ。
 

まとめ

 
アメリカの朝食メニューは豊富であり、軽めのものからステーキのようにカロリーが高いものまで様々です。アメリカのモーニング「American brakefirst」に行くと、ほとんどのお店がコーヒーがおかわり自由となっていてお得なので、アメリカに旅行の際には一度は利用してみると良いでしょう。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約