英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

アメリカの有名大学への編入留学のメリットについて

2021/05/02

アメリカの有名大学への編入留学のメリットについて

 
日本の大学に通う学生の中で、アメリカの大学に編入留学したいというケースは少なくはありません。自身の成長のためには必要不可欠であるといった判断があれば、当然進むべき道でもあります。今回は、アメリカの有名大学への編入留学のメリットについてお伝えします。
 

大学2年までなら編入留学が可能

 
アメリカでは4人に1人が大学間の編入をすると言われています。日本の大学に通う学生には珍しいケースでしょうが、アメリカの大学に通う学生にとってはそう珍しくはないのです。
 
自身の学びたい事が、違ったと感じた場合や更に高いレベルの教育を受けたいと感じた場合には、編入して環境を変えることはプラスに働き後悔のない行動ともなるのです。
 
また、編入がデメリットとならない理由としては、アメリカでは大学間の単位の互換システムが整っていて、日本など違う大学で取得した単位を編入先の大学でも認められる事になるのです。
 
そのため、ゼロから単位を取り直す必要性もないため、在学期間を長引かせることもなく、アメリカの大学を卒業することが可能となるのです。また、2年間だけアメリカの大学への編入となれば学費も安く済むといったメリットもあるのです。
 

学びたい事が変わることもある!

 
大学に通い、多くのカリキュラムの中から自分自身が学んでみたい講義を受けていくと、人生プランが変わるケースも当然ながらあります。しかし、そこでプラン変更しようとするのはリスクがあると感じて行動に移せない方は非常に多いのです。
 
例えば、一度就職してブラックやグレー企業で働き出してしまって、残業が多いや給与が安いなどさまざまなストレスがあるのにも拘らず、転職できない社会人は多くいます。自分が時間を費やせば費やすほど腰は重くなり、次のチャレンジに取り組めなくなるのです。
デメリットしかない状況下で、さらに酷くなるのではないか?といった不安を抱えてしまう方が多い傾向にあります。

では、仕事や学業で違うと感じた際にどう打開するのか?
その答えは、自身が動くしかないのです。環境を変えるには行動するしかありません。
そして、目的意識を持って挑戦することで、変化が生じていくのです。
 

まとめ

 
アメリカの大学への編入留学を目指す学生は、自身の現状に満足できていない事が考えられます。変化を生み出すことで、自身の成長を促すことは重要な事柄です。やりたいことをやるために大切な留学は、大学在学中に検討してみても遅くはありません。ただし、準備はしっかりと整えてから挑戦することをおすすめします。
 
LIBERTYでは、母国語を英語とする教養あるエリート層が操る本格的な英語をマスターするためのカリキュラムを組んでいます。グラマーテーブルを軸としたメソッドで、英語の核を強化し、Listening/Speaking/Reading/Writingという英語技能全般の能力を向上させることができます。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約