英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

受動的になりやすい。英語学校に頼り切ってしまう英語力向上

2021/05/03

受動的になりやすい。英語学校に頼り切ってしまう英語力向上

 
英語を習得するまでは各々勉強方法というのは異なりますが、共通している点がいくつもあり、成功者の似通った部分に注目することで、英語習得の秘訣が隠されていると言えます。今回は、受動的になりやすい。英語学校に頼り切った英語力向上についてお伝えします。
 

英語学校に頼り切らない英語習得の成功者

 
英語を習得し、ビジネスや日常で活かせるようになった人たちの中には、オンライン英会話や英語スクールに通い勉強したという人も、もちろんいることでしょう。
しかし、一方で英語学校に通っても理想とする英語力が身に付かずに英語習得を諦めてしまったという人もいます。
 
これは、学び先として選んだ教室や学校の質もあるかもしれませんが、英語学校で英語力向上を全て託すような学習を行わずに、英語学校と並行して自習にて英語知識を高めたかがポイントにもなります。
 

頼り切り学習の問題点

 
まず、英語学校に通うにしてもオンライン英会話を受講するにしても週2、3回程度で、週7回フルで活用している人はゼロに近いでしょう。
そのため、英語習得に必要な英語時間が圧倒的に足りないため、英語学校だけに英語力向上を全て託すというのは賢明な判断とは言えません。蓄えた知識をどうレベルアップさせていくのか、より磨きを掛ける場として活用することが大切になります。
 
そして教育機関では講師が教材やカリキュラムに沿って授業が展開され、学習スタイルがどうしても受け身になってしまいます。英語は言語であり、自身の考えを言葉にできてこそ価値あるスキルになりますが、受動的な学習スタイルは英語を「知っている」というレベルに留まらせて、「使える」に昇華させることが難しくもなるのです。
 
また、一見アウトプットを行い、能動的に見える英会話でも、先生に教えてもらったフレーズを覚えるだけ、表現方法を学ぶだけでは応用の利いた自由度の高い英語力を身に付けることはできませんので、自身でフリートークのテーマを提示したり、身に付けたい英語力についてしっかりと伝えましょう。
 
そして、遠慮しがちな日本人ですが、語学習得において謙虚な姿は美徳ではありません。貪欲になって行動を起こしていくことが英語習得の秘訣とも言えるでしょう。
 

まとめ

 
英語学校は、英語力向上を託すのではなく、英語上達のためにいかに活用するのか考えなくてはなりません。自習で行える基礎強化などを、費用を支払って先達者に指導してもらうのも勿体ないことでもありますし、自習では自身の好きなことと英語を結び付けることで英語への興味関心を高めモチベーションにつなげたりと、利点もあります。
そして、英語は使ってこそ学べることが多く、磨きがかかりますので、自主性を意識した勉強方法に取り組んでいきましょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約