英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

早稲田大学大学院の受験で活用できるTOEICやTOEFL

2021/05/03

早稲田大学大学院の受験で活用できるTOEICやTOEFL

 
早稲田大学大学院は、日本国内でも人気の高い大学院の一つです。大学院では、国際舞台へ発信する研究などもあるため、語学力が求められる事が大半です。今回は、早稲田大学大学院の受験で活用できるTOEICやTOEFLや英語力の重要性についてお伝えします。
 

早稲田大学大学院が人気である理由

 
日本でもトップクラスの大学として評判の高い早稲田大学への進学を目指す高校生が多い様に、早稲田の大学院も非常に人気が高く入学するのも困難とされています。
また、入試方法も多様化されていることもあり、語学力の高い学生であれば、TOEICやTOEFLなどの民間英語試験を活用することも可能となっています。
 
ですので、国際舞台を意識した学術を研究したい学生などにとっては、語学力でアピールすることも可能となるということです。また社会人が、MBA取得するために大学院受験をする際には、TOEICやTOEFLのスコア提出が必須となるため、英語力の低い方は合格が困難となります。
 
そして、早稲田大学大学院が人気とされる理由には、幅広い研究科があるため、自身の研究したい内容をしっかりと絞って没頭し、レベルの高い環境で挑戦をすることができるといた面があげられます。
 

大学とは違ってオシャレやブランドよりも学びの意欲

 
早稲田大学であったり慶應大学などのブランド力やオシャレな感じといった憧れを抱くのは、大学卒業までです。大学院への進学になると、自身の研究テーマであったり、将来自身がやるべきことを効率よく結果として出すために進学を決意する方が大半です。
 
そこには、大学院のブランド力やオシャレ度合いよりも、学業に没頭できる場所であることが重要なため、日頃から自身の好奇心であったり探求心を活かして成長を育めるかが重要なポイントであり、学びに一切の妥協がない方の住まう場所だということです。
 
そして、問題定義や問題解決のためには、多様性のある考え方なども重要となり、国内外からの力も必要となるケースがあります。そのため、グローバルな現代において英語力などの語学力で困るようなことがあってはいけません。これは、グローバル人材としての成長には必要不可欠なスキルでもあり、研究者としても無くてはならない能力です。
 
語学力で苦労する日本人は多くいますが、大学院まで進むことを考えるような方であれば、英語は当然既に上級者レベルまで達しているスキルとして身に付けておくべきでしょう。
英語力が中々向上しないと悩んでいる方は、LIBERTYのカリキュラムを体験してみてください。大学院を目指すレベルにある学生や社会人の方であれば、英語の基礎構造や規則と言った概念を理解していくことで高い英語力を養うことはそう難しいことではないでしょう。
 

まとめ

 
早稲田大学大学院は、日本でもトップレベルの学び舎であり研究を行える場所です。
そのため、大学院の試験をパスするためには、TOEICやTOEFLでもハイスコアを獲得しなければ合格できないこともあるでしょう。グローバルな現代において、研究者であっても英語力などの語学力がなければ、研究の発表などを世界に発信することも困難となるため、語学力向上は必須だと考えておくことが大切とされています。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約