英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

筑波や慶應の院試で有効なTOEIC勉強法は暗記だけではダメ

2021/05/03

筑波や慶應の院試で有効なTOEIC勉強法は暗記だけではダメ

 
大学卒業後は就職せずに大学院へ進学し、ステップアップを図る学生もいます。そんな学生たちの院試では英語などの語学テストもあり、独自の試験や民間英語試験のスコア提出を求められます。今回は、筑波や慶應の院試で有効なTOEIC勉強法は暗記だけではダメな理由についてお伝えします。
 

院試の英語試験はおまけ?

 
院試を受ける場合には、大学院独自の試験を受けなければならないため、語学力や専門的な科目で結果を残さなければいけません。また、書類審査や面接で自身の研究計画書の内容などを選考基準として合否が決められます。
 
語学を学ぶのがメインではない研究科だと、英語試験やTOEICのスコアが必ずしも高くなくても合格することができるようですが、進学後に英語力を向上させなければならないシーンが数多くあるため、しっかりと英語力は養っておいた方が良いでしょう。
 
院試の英語試験は、おまけではありません。海外の論文などを原文のまま教授から渡されて読解しなければならない授業などもあるので、進学後に英語力が低くて苦労する学生もいますし、博士課程を海外で習得したいなどのステップアップを考えた場合に、英語力が足りていなければ、そこでまた足止めをくってしまうので高い英語力を養っておくべきなのです。
 

TOEICは暗記でクリアしても意味がない

 
大学院に進学を目指す方であれば、TOEICで結果を残すのはそう難しい物ではないと考えているかもしれませんが、そのTOEICでの結果の出し方には、暗記力のみでクリアしてしまう学生も中にはいます。
 
学生の頃にも聞いたことがある、コミュニケーションを図ることができない英語力です。
これは、日本人がTOEICや英語試験を暗記力のみで乗り越えてしまい、英語を話すことができないという方が非常に多く現代社会の問題にもなっています。
 
英語は、暗記力も必要ですが、覚えた情報を正しくアウトプットできなければいけません。
英語力を本格的に使える英語へと昇華するのであれば、単語や語彙の暗記だけでなく英語の基礎構造や規則といった概念をしっかりと理解することが大切ですので、TOEICなどで結果を出す場合にも、使える英語を意識して語学学習に取り組むことをおすすめします。
 

まとめ

 
院試の英語試験は、TOEICの750点や900点がボーダーラインと言われたり、400点でも合格できるなど、おまけの様な扱いをされています。ですが、グローバルな現代において英語力が低ければ、海外の情報を正しく理解することもできませんし、自身が発表する情報も日本語だけでなく英語で発信していかなければ成功は難しいとされています。しっかりとグローバルな時代に合ったスキルを身に付け、自身の専門分野で活躍できる様に準備していきましょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約