英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

英語を学ぶ必要があるのはなぜ?その理由を解説

2021/06/01

英語を学ぶ必要があるのはなぜ?その理由を解説

 
学生はもちろん社会人になってからも英語を学ばなければならない方もおられるかもしれません。そんな方はなぜ今英語を学ぶ必要があるのかと疑問を抱くこともあるのでは?この記事では英語を学ばなければならない理由をご説明していきます。
 

英語を理解すればより多くの情報を得られる

 
日本の総人口は2021年時点で1.2億人と言われており、これは単純に考えて日本語を話せる人口となります。一方英語は世界にある7000言語の中で最も話者が多く、その数はなんと11.3億人と言われており(2021年時点)、日本のおよそ11倍もの人が英語で情報を発信し、存在しているといっても過言ではありません。英語を知らなければ、この豊富な情報を逃すということになり、世界からどんどん遅れを取っていくことになるでしょう。
 

ビジネスの場は世界が舞台となっている

 
日本の人口は、少子高齢化社会ということもあり、年々減少しています。そのため、日本人向けのビジネスはこの先ますます厳しくなっていくことが予想されており、日本市場ではなく世界市場を狙って舵を切っている企業も少なくありません。そんな時に必須となってくるのが英語であり、世界とたたかうために英語を学んでいる経営者、従業員も少なくないのです。
 

英語を学ぶことは人材競争に勝つこと

 
「大学を出て日本の大企業に就職」なんていう話はもう古いです。というのも、大学を出たとしても希望の企業や職に就けなくなってきているからです。
 
その理由として、日本人の大学卒の給与はある程度補償されており、コストがかかってしまうから。一方で諸外国から受け入れる優秀な人材は、日本人よりも低い給与で雇うことができるうえに、バイリンガルであることも多く、わざわざ高いコストをかけてまで日本人を雇用するメリットがないのです。
 
私たちは、日本語しか話せない日本人の活躍の場が狭まってきていることを危惧する必要があります。そして人材競争に勝つためにも、自身がより価値のある人材になる必要があり、特に出世していきたいと考えている方は英語を学んでおく必要があるでしょう。
 

まとめ

 
日本語に比べて英語の話者数は約11倍であり、英語を知ることは日本語で書かれた情報の11倍もの情報を得られることに繋がります。また、将来は世界を舞台にビジネスを展開したり、出世を狙って成長していきたいという方にとって英語は必須と言えるのかもしれません。
 
LIBERTYでは、グラマーテーブルという英語学習法により、「英語の正解」を把握できるようになるため、最短かつ確実に高い英語力を身につけることができます。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約