英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

英語習得で生まれる経験や気付きが大切とされる理由

2021/06/01

英語習得で生まれる経験や気付きが大切とされる理由

 
英語への取り組みは現在小学校3年生から実施されています。そして、大学進学まですれば長い期間英語に触れる機会はあるのです。その中で、英語習得までに至る学生は限られてくるのが現状の日本の学校教育だと言えるでしょう。今回は、英語習得で生まれる経験や気付きが大切とされる理由についてお伝えします。
 

英語習得によるメリットについて

 
英語などの語学をマスターする必要性を感じている日本人は少なくはありません。
ですが、義務教育や大学進学までして英語を身に付けられた学生はごく僅かでもあり、勉強時間の割に、その効果を得られている方は少ないと言えるでしょう。
 
日本国内でも、英語の大切さや重要性について議論され、教育改革が執行され小学校3年生からの英語学習が始まる状況へと変化しました。これが、今後日本人の英語力向上につながれば良いと考える親御さんも多いはずです。
 
そして、英語習得によるメリットは、社会人になってビジネスシーンで海外の企業との取引や、外国人労働者の雇用などといった仕事でのプラス面。外国への観光などで現地の方とコミュニケーションを図れ、観光先での経験や気付きが生まれる事により新たな価値観などが芽生え成長を促せることです。
 

英語を習得するために大切な学習

 
英語が話せないから外国人とは関われない。という状況をクリアにすることは重要な課題でもあります。日本人は、教育改革により英語に対する学習への取り組み方への変革を行うことになりますが、実際に英語力が高まる要素はまだ未知数です。
 
小学校3年生から英語への教育が始まるとしても、その教育カリキュラムやプランが構築できていなければ、今までの英語教育と大差ないことは明白です。
 
英語は暗記だけで実力が付くスキルではありません。日本語同様に使うための正しいルールがあるので、そのルールを理解する必要性があるのです。単語や文法を暗記するだけでは、英語は話せませんしネイティブ・非ネイティブの英語を聞き取るのも難しい物です。
 
英語の基礎構造を理解し、英語のルールを理解することがまずは取り組まなければ行けないポイントとなります。基礎構造や規則と言った概念を理解せずに英語学習に取り組んでもインプットした情報をアウトプットさせるのは難しいため、英語の基礎部分を強化していくことをおすすめします。
 
英語を構築することができる様になれば、単語や語彙といった情報を増やし、トークスキルを向上させていくことが可能となります。そして、実践で使う頻度が高まれば、発音やイントネーションのズレを調整していく取り組みが英語習得では重要となっていきます。
簡単には習得できない語学こそ、基盤をしっかりと組み立てていくことが重要となりますので、暗記ばかりではなく、正しく使うことへ意識を向けた英語学習に取り組んでいきましょう。
 

まとめ

 
英語習得することで海外出張や海外在留などのビジネスシーンや海外旅行に留学など、さまざまなシーンで世界に羽ばくチャンスを得られます。日本とは違う外国の文化や価値観に経済や経営などを自身の目で見て感じ取ることで、自身の成長に繋げることができるでしょう。そうして、養った新たな価値観が自身の将来の幅を広げてくれるスキルと役立ってくれることにもなります。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約