英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

丸暗記は無意味!早稲田受験やTOEIC突破も高い英語力が重要

2021/06/02

丸暗記は無意味!早稲田受験やTOEIC突破も高い英語力が重要

 
受験英語や民間英語試験のTOEICなどを受ける際に、暗記重視で学習する学生や社会人がいますが、この勉強法では結果を残せても将来的な英語力は養えないことが多々あります。今回は、丸暗記は無意味!早稲田受験やTOEIC突破も高い英語力が重要となる理由についてお伝えします。
 

丸暗記学習では将来性を見い出せない

 
早稲田大学など有名大学受験の際や、TOEICなどの民間英語試験を、過去問や問題集の情報を頼りに丸暗記して解答を導き出すといった方法を取り入れる方がいます。
 
この勉強法で例え大学に合格したり、TOEICでハイスコアを獲得できたからと言って将来性につながる英語力が養われているとは言えません。むしろ、覚え直しが必要となる英語力でしかない可能性が高いと言えます。
 
多くの方は、この学習法で自身の英語力の乏しさを感じるケースが多く、自身で英語を構築できない・ネイティブの会話を聞き取ることができないといった状況に陥りやすくもあります。
 
将来的に活用できない英語力は、現代社会では求められていません。高い英語力を持って大学受験やTOEICでハイスコアを獲得していくための学習に取り組むことが重要なのです。
 

丸暗記ではない英語学習

 
丸暗記した情報というのは、使えるシーンが限られてくるため、汎用性が低く使いまわすことができないことが問題となります。
ですが、暗記した情報が全て無駄という事ではありません。
丸暗記した情報を使って他の文章を作れたり、引用できるなど汎用できれば、暗記した情報も無駄ではありませんし、英語構築能力が向上したと考えることができます。
 
その力をどうやって養っていくのかと言えば、英語の基礎構造や規則と言った概念を正しく理解することが大切になります。英語の全体像が見えずに、単語や文法を沢山覚えたところで、英文を正しく構築することは困難となります。基礎が不安定な状態では語学をマスターすることは難しいことを知りましょう。
 
LIBERTYでは、グラマーテーブルという英語学習法により、「英語の正解」を把握できるようになるため、最短かつ確実に高い英語力を身につけることができます。
 

まとめ

 
フレーズ集や過去問などを丸暗記して試験を突破しようとする方が未だに多い状況です。その英語力には将来性はあると言えますか?
国際舞台で活躍できるほどの英語力は養われていないでしょう。
どんな試験であっても、将来使い道のある英語力を養っていく英語学習に取り組む方が良いに決まっています。
 
正しい英語学習に取り組み、コミュニケーションをそつなくこなせるような英語力を身に付け、英語の読み・書く・話す・聞くという英語技能全般の能力を向上させていくことをおすすめします。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約