英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

【TOEIC試験対策】単語だけに意識を集中して文脈を理解できる?

2021/07/03

【TOEIC試験対策】単語だけに意識を集中して文脈を理解できる?

 
TOEICでリスニングが苦手という学生や社会人は何を基準に言葉を聞き取っていますか?単語それとも文法でしょうか。どちらも大切ですが、言葉の文脈を理解できずにリスニングに取り組んでも聞き逃す可能性も高くなります。今回は、【TOEIC試験対策】単語だけに意識を集中して文脈を理解できる?についてお伝えします。
 

英語は全体像を把握する事

 
英語で大切なものは、単語や語彙に文法と言った単体の情報だけではありません。
この情報を統合した文脈への理解も大切なのです。
 
学校では、単語・文法を端的に学ばせ、文脈や言葉の流れを意識していない節があります。会話のニュアンスや流れにテンポなど、言葉には多くの情報が組み込まれています。
どれか一つでも抜けていれば、相手の情報を理解することは困難です。
 
単語や語彙に文法という情報を沢山インプットすれば英語が話せるようになるということはありません。情報を統一し正しく構築した文章を持って、始めて相手に伝わる情報帯になるのです。聞き取るのも全く同じで、相手の言わんとすることが理解できる様にするには、情報量の多さも大切ですが、瞬間的に音を聞き分け文章として理解できるようにして行かなければいけないのです。
 

英語を英語として聞き取る重要性

 
なぜ、日本語は瞬間的に理解できるのでしょう。
生活の一部としてコミュニケーションを図るためのツールとして染みついたからこそ、日本語を意識せずとも言葉のラリーができるのです。
 
英語も同様に日本語にわざわざ翻訳せずとも、英語を言葉として理解できるようにすることが大切なのです。そして、リスニング力は英語の構造や規則と言った概念が分かっていなければ、瞬時に判断・対応することは難しくもなります。
 
TOEICのリスニングで結果を残せないという学生は、インプット学習にだけ集中していても結果を伸ばすことはできません。試験で結果を残すには、情報量の多さも大切ですが、英語を英語として把握できる英語脳を養っていくことが重要です。
 
LIBERTYでは、グラマーテーブルという英語学習法により、「英語の正解」を導き出せるようになるため、最短かつ確実に高い英語力を身につけることができます。
 

まとめ

 
英語という語学を操るためには、多くの情報力と情報を構築する瞬発力が大切です。そして、TOEICのリスニングで結果を残せていない方の大半は、英語を英語と捉えられていないことが問題となっています。わざわざ日本語に翻訳していかなければ答えが見出せないような遠回りする英語力ではなく、正しい答えを聞き取り導き出せる英語能力を養っていきましょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約