英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

TOEIC試験の英語学習。ネイティブ講師に教わる必要性

2021/07/03

TOEIC試験の英語学習。ネイティブ講師に教わる必要性

 
TOEICスコアの伸び悩みを感じると、独学での限界を感じ英語学校などの利用を検討する方も多く、ある程度のスコア獲得者はネイティブに教わった方が良い?といった疑問も生まれます。今回は、TOEIC試験の英語学習。ネイティブ講師に教わる必要性についてお伝えします。
 

ネイティブから教わるべき範囲

 
英語圏で育ち言語として英語を使い続けて来たネイティブは、当然ながら英語レベルが高いため、英語を流暢に操るという学習目標を持っている人にとっては憧れの存在でもあります。
そして、何かを学ぶにあたり、その道のプロに教わるのが一番と考える人も少なく、英語習得に関してもネイティブに英語を教わる方が上達も早いと考え、日本人講師やノンネイティブ講師に教わることを避けてしまう人もいます。
 
しかし、ネイティブ英語はハードルも高くなるため、英語基礎ができている人が生きた英会話力に昇華させるための学習として取り入れるのがオススメです。
発音知識や文法の正誤だけを判断してもらったり、リズムやテンポを吸収しながら現在の英語レベルをリアルな英会話力へと押し上げたい時に検討するのが良いでしょう。
 

試験や基礎力向上は日本人講師やバイリンガル講師

 
構文への理解を深め使い方を学ぶといった英語の基礎力を高めるための勉強や、試験を対象とした英語学習を行う場合は日本人講師やバイリンガル講師といった勉学として英語学習を重ねてきた方々に学ぶ方が、効果的に能力を向上させたり、スコアアップにつなげることができます。
 
TOEIC試験を経験している講師であれば、日本人が間違いやすくつまずきやすいポイントを知っていますし、試験だけではなく英語学習においての苦戦する部分というのも理解しています。そして、その苦手とする要素やいくつもの英語の壁を乗り越え高い英語力を身に付けた先輩でもありますから、英語力向上のヒントを多くもらえるでしょう。また、日本語で質問ができるというのは英語初心者には安心できる要素でもあると言えます。
 
ただし、試験にしか通用しない英語レベルの講師もおり、同じ学習方法を提案してくることもあるため、鵜呑みにして従えば自身も同じ道を歩む結果となるというリスクもありますので、講師の質については見極めなくてはなりません。
 
LIBERTYはTOEICやTOEFLといった民間英語試験でハイスコアを目指すだけの英語学校ではありません。グラマーテーブルを軸とした独自のメソッドで英語の構造や規則といった、英語の本質を理解するための基礎を身に付けていただきます。
試験テクニックや対策だけでクリアするのではなく、実力でスコアを取りつつ、ネイティブと同等の高い英語力習得をしたい方は、ぜひ一度LIBERTYの無料カウンセリングへお越しください。
 

まとめ

 
勉学としての英語を学び試験突破を目指すのであれば、ネイティブ講師よりも日本人講師が良いでしょう。しかし、日本人講師であっても暗記に頼り、日本語を英語で操作する日本語英語で試験をクリアした人は、英語力の底上げにつながる英語の概念を知りません。
試験英語を強化して、後に生きた英語習得を目指すといった二度手間をかけることになりますので、試験を目標としている段階から実力を底上げしてくれる英語学校に通うことをオススメします。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約