英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

大学受験英語に良いのは外国人講師か?それとも日本人講師?

2021/07/04

大学受験英語に良いのは外国人講師か?それとも日本人講師?

 
大学受験に向けた英語学習において、総合塾や英語学校に英会話スクールの選び方は重要なポイント。英語力を極限まで高めてくれる環境は、外国人講師がいる環境なのか、それとも日本人講師の元で学ぶ事が良いのかお伝えします。
 

英語を学ぶ環境

 
大学受験において英語という科目の重要度が高まり、学生にとっては英語を蔑ろにすることは得策ではないため、高い英語力を養う学習を行うことが必要となっています。
 
その際に、英語は学校教育だけで向上させるのは難しく、総合塾や英語学校に英会話スクールなどの学習機関で英語力を高めるという学生が大勢います。この時に、問題となるのが、スピーキング学習です。
 
講師にも外国人講師のいる環境と、日本人講師しかいない環境があります。
ネット記事などでは、日本人しかいない環境ではスピーキングの力は高まらないというケースもあれば、日本人講師の学校でも大丈夫といった触れ込みがあるため、学生にとってはどのような学校に通うことが良いのか考え込んでしまう事でしょう。
 

自身の英語力に合った環境・講師選びが重要

 
大学受験の英語学習となれば、センター試験であった時代は、リスニングとリーディングだけ強化すればクリアできるといった問題だったので、総合塾でも十分に力を養うことができました。
 
しかし、大学入学共通テストへ切り替わり英語4技能を必要とするTOEFLやIELTSといった民間英語試験での結果を提出する必要性が出てくるので、リスニングとリーディングだけでは、志望校への合格も難しくなってくる状況です。また、現代のビジネスシーンで求められている英語力というのは、コミュニケーションを図れる使える英語力を指していることもあり、高い英語力を身に付ける学習が大切です。
 
そうなると、総合塾ではスピーキングやライティング能力を効果的に高める術が少なく民間英語試験でハイスコアを取るには役不足と言った面もあります。また、最初からネイティブの講師がいる英会話スクールに通うといった選択もありますが、日本語と言う語学の違いをクリアにしてくれる場ではなく、英語を話すことだけに特化している勉強スタイルだけでは、正しい英語力を養うことができないケースが非常に多いため、失敗する方が多くいるのも事実です。
 
話せるや聞き取るといった情報を正しく教えてくれる環境にまずは身を置くことが大切です。なぜ、日本語と英語は違うのか?このポイントをまず理解しなければ、英語という語学の本質を見定めることが出来ません。英語はどういった規則で構築されているのかなど、基礎構造への理解から正しく積み上げていかなければ、英語を使いこなすことはできないでしょう。そのため、日本語への理解と英語への理解ができる教育機関で、英語レッスンを受けることから始めるという選択が効果を得られると言えます。
 

まとめ

 
自身のレベルにあっていない学習方法では効果的に英語力を高めることは難しいと言えます。大学受験などの成果を出さなければならない期日のある物に対して、分からないが続くような場所で学び続けることはデメリットになり兼ねませんので、学習機関や習うべき講師の見極めも重要となります。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約