英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

大学入学・編入後が勝負。必修科目の授業についていく英語力

2021/07/04

大学入学・編入後が勝負。必修科目の授業についていく英語力

 
受験を目的とした勉強では試験に特化した英語力が身についていくため、入学後に言語としての英語力が求められると授業についていけないなどの悩みが生まれてしまいます。今回は大学入学・編入後が勝負。必修科目の授業についていく英語力についてお伝えします。
 

レベルの高い授業を受けられるかは自分次第

 
大学での英語が必要となる授業は必修科目と選択科目の2種類に分かれます。交換留学制度を利用できる上智大外国語学部、多種多様な言語と文化を学ぶことのできる東京外語大学、英語必修カリキュラムに新しく英語ディベートを新設した立教大学など、英語力を養い英語で学ぶ大学を視野に入れている学生であれば、強制力の働く必修授業でも有意義な授業となるかも気になるポイントでしょう。
 
大学によって異なる部分はありますが、多くの場合レベル別にクラス分けをするためのテストが行われます。このテストでスコアが思うように伸びずにレベルが低いクラスに在籍することになったとしても評価が下がるというわけではありませんが、成績が良ければ当然高いレベルの授業を受けることができるため、大学という学ぶ環境下を最大限に活かして英語力を強化させたい学生にとってはクラス分けテストで好成績が収められなければ悔しい思いをすることになるでしょう。
 

英語で学ぶに切り替えるための英語力

 
中学や高校までは試験を対象としてきた英語を勉強してきたため、英語という語学を学ぶという意識が強かったと思います。大学では最初の1年は使える英語力を目指し英語力向上を目的としたカリキュラムを組んでいる学校も多いのですが、英語というツールを使って何かを学ぶという方向性に変わってくるため、英語力はあって当たり前という考えになります。
そのため、試験英語から抜け出せない学生は授業についていけないと悩みを抱えることになります。
 
使うことを意識せずに試験テクニックや対策学習に偏重した学習方法で受験を乗り切ったとは言え、高い語彙や英文法の知識がなければ合格することは困難となるためポテンシャルは高いと言えます。受験英語を使える英語力に変えてあげるためには実践的な学習を含め、使う英語を意識した学習が必要となりますが、ブレイクスルーのヒントを得るだけでも飛躍的に英語力を伸ばすことが可能となります。
 
LIBERTYではTESOL教育の最高峰であるコロンビア大学ティーチャーズカレッジでも独自性が認められ評価されているグラマーテーブルにより、学校教育で教わることのなかった英語をマスターするために必要な土台となる基礎を身に付けることが可能となります。英語のルール、本質を理解することにより英語の使い方の理解が深まるため、試験だけではなく、言語としても使える英語力を養うことができます。
 

まとめ

 
英語が必修科目となっている入学・編入先の大学においても、英語力を伸ばし磨き続けることは可能です。しかし、そのためには試験にしか通用しない英語力を、将来まで役立つスキルに変えてあげることが必要となります。英語は苦手意識を抱き、難しいと感じやすい教科でもありますが、英語の概念を理解して基盤を修正し見方を変えてあげるだけで成果の見える学習に切り替えてあげることができますので、試験英語から抜け出したい方はぜひ一度LIBERTYの無料カウンセリングへお越しください。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約