英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

大学編入に必要なTOEICは何点?スコアアップする英語学習

2021/07/04

大学編入に必要なTOEICは何点?スコアアップする英語学習

 
大学編入試験を受ける際に、どういった試験が組まれているのか気になる学生はいます。編入してスキルアップできるようにしたいなど考える学生にとって編入試験をパスするためには、どんな学習を行うべきなのでしょう。今回は、大学編入に必要なTOEICは何点?スコアアップする英語学習についてお伝えします。
 

大学編入にTOEICは欠かせない!

 
国立・私立など多くの大学では編入試験が行おこなわれています。そのため、自身が進学したかったけれど合格できなかった大学へ編入と言う手段で、再挑戦することもできるのです。
 
ただし、編入も自身が進みたい大学の学部・学科での募集が無ければ編集はできません。
だからこそ、編入募集の枠があれば挑戦すべきです。新知や英知を養い自身の成長に繋げることで、将来選べる仕事の幅なども変わってくることでしょう。
 
では、実際に大学編入する場合にどういった試験が行われるかと言う問題になります。
多くの大学では、小論文・英語試験(筆記)・面接で構成されることが多く、英語ではTOEIC試験のスコア提出が出願条件に課されているケースもあります。ハイスコアを獲得していると加点や英語試験の免除などのメリットを得られるため、TOEIC試験で成果を上げることも大切となります。
 

民間英語試験でスコアアップさせる英語学習

 
大学編入で鍵となるTOEIC試験でのスコアアップを目指す学生は、大学入試時代に英語で苦労したという学生はかなり厳しい戦いにもなります。英語学習が上手くいかないままでTOEIC試験を受けても結果を伸ばすのは難しいでしょう。
 
正しい英語学習で高い英語力を養っていくことが大切です。
特に、大学編入で何点ぐらい必要なのかと言えば、TOEIC試験は990点満点となり大学編入で求められるスコアの多くは700点~800点以上というケースが大半ですので、暗記力だけでクリアするのにもかなり難しいレベルとなります。
 
独学で英語レベルを上げようとすれば時間も掛かるため、早期対策が必要ですので学習環境に変化を与えるのも大切です。
LIBERTYでは、英語の核となる構造・基盤を体系的に集約しているため、回り道をすることなく、短期間で高い英語力を養うことができます。
 

まとめ

 
大学編入によって、自身の学びたいと考えていた学習が行え将来の幅を広げるビジョンを見出せるといったメリットもあるため、第一志望の大学に入れずに悔いている学生はチャレンジすることをおすすめします。英語力を高めるためにも、正しい英語学習をして行かなければ結果を出すのは困難となりますので、英語への苦手意識が強い方は、LIBERTYにご相談ください。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約