英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

TOEIC試験リスニング力をアップさせるための二つの切り離し

2021/08/01

TOEIC試験リスニング力をアップさせるための二つの切り離し

 
TOEIC試験リスニングセクションでは問題傾向を知り対策することでスコアアップを図れますが、難しい内容が問われないため聞き取る力を根本から向上させることでハイスコアを狙うことが出来ます。今回はリスニング力アップにつながる二つの切り離しについてお伝えします。
 

リスニングの文字化

 
英語を公用語とせず実践により感覚で覚えていくのではなく、読み書きして英語を学んでいく日本人にとっては、音から英語を取り込むよりも文字として英語を捉えることを得意としています。
 
しかし、文字と結びつける学習を行い続けて来たため発音知識も乏しく、聞いた音をダイレクトに理解するのではなく文字化してしまうため処理速度が遅くなってしまいます。
処理速度が遅くなることで試験では流れる音声についていけず、単語だけを拾ってしまったり、聞き取れても内容が残らないといったことが起こります。
そして、何となくで解釈し解答してしまうため、誤選択も多くなってしまい、スコアの伸び悩みにつながってしまうのです。
 
海外ドラマや洋画視聴は聞き取り力をアップさせるための学習方法にはなりますが、学習目的で視聴するのであれば日本語字幕から英語字幕、最後は文字と切り離すために字幕なしで活用するのがオススメです。
 

日本語と英語がセット

 
文字化するという無駄な作業が入ることで、処理速度は遅くなりますが、さらに英語を日本語に変換する癖が根付いてしまっている日本人が多く、これがよりタイムロスを引き起こし、そして構造の異なる言語をカチカチに当てはめようとすることで柔軟性のない英語力になってしまいます。
 
この日本語英語は英語をダイレクトに受け止められない要因となりListening/Speaking/Reading/Writing、4技能全てに影響を与える悪癖でもあり、根本的な英語力を向上させたいのであれば、日本語の切り離しは早急に対処しなければなりません。
 
そして、そのためには英語の構造をしっかりと理解することが重要になります。
LIBERTYではグラマーテーブルを軸としたメソッドで義務教育課程や総合塾では教えられることのなかった英語の基礎を習得していただきます。
英語の構造や規則性を理解することで、難解と感じていた英語の組み立てから抜け出すこともでき、英語を英語と捉えるための英語脳構築の基盤を確固たるものへ変えることが可能となります。
 

まとめ

 
リスニングでスコアを伸ばすためには英語を聞いて発音知識を高めること、単語や英文法の基礎知識を蓄えるという一般的な学習は大切になります。ですが、よりコミュニケーションでも使えるリスニング力へと昇華させるためには、英語の文字化や日本語英語から抜け出すことがポイントになりますので、試験突破の英語学習ではなく、実用的な英語力習得に向けて勉強に励みましょう。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約