英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

日本でも英語力は高められる?外国人と働ける環境に籍を置く

2021/08/02

日本でも英語力は高められる?外国人と働ける環境に籍を置く

 
英語学習をする学生や社会人の方で、日本国内では実践を積む場が少ないことから成長が難しいと考えていませんか?日本にいながらも英語を使える環境はあります。今回は、日本でも英語力は高められる?外国人と働く環境に籍を置くについてお伝えします。
 

外国人と働ける環境に籍を置く

 
外国人が働いている職場・外国人がやってくるお店など、外国人と接点を作ることはそう難しい話ではありません。しかしこれは、主要都市に限られていることもあり、誰でも可能と言う話ではありません。
 
また、一番外国人と働ける可能性が高いのは外資系企業ですが、これは学生が働けるケースは少ないため、就職先として考えるべきでしょう。たとえ募集があったとしても、留学経験者や帰国子女といったビジネス英語が使えるやTOEIC何点以上といった応募資格が提示されることもあるので、誰でも簡単に受けられる訳ではないのです。
 
では、どこで外国人と働ける・対応できる環境があるかと言えば、飲食店・コンビニ、外国人観光客の多いホテルや旅館、観光地でのガイドスタッフといった全国にあるバイト先が接点を持てる環境です。これでも必ず外国人と接点が持てるという訳ではありませんので思い通りにいかないかもしれません。
 

アルバイトじゃなくても外国人と接点を作るには

 
英語力という面だけで考えると、コミュニケーションを図る場はアルバイトや企業の中であれば、人となりを知り安心して友人となることができますが、その機会を得られる人は限られてきます。
 
では、そういった接点を持てない場合には、どうすれば良いのかと言えばネットを利用するのが一番早いと言えるでしょう。インターネットやSNSを利用して、日本語を高めたい外国人を探したり、ゲームや音楽など趣味が同じというコミュニティに参加すると、外国人の方もいたりするので、接点を持つことは実社会よりはハードルは低くなります。
 
外国人と接点を持つことは、英語を使うケースが増えるため、英語を使う事への苦手意識を拭い去れる学習でもあります。
ですが、この英語力を高めるには、基礎英語力が低ければコミュニケーションを図ることは難しくもありますので、自身で英語を構築する能力を理解することから始めることをおすすめします。
 

まとめ

 
日本では英語を使うシーンが限られてくるため、実践経験を積むのも一苦労。といった考えを持つ学生や社会人は少なくはありません。確かに、実践を積まなければ伸びない部分もありますので、実践で成長を促したいと考えている方は外国人のいる環境でアルバイトなどをしてみても良いでしょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約