英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

ネイティブの英語が分からない?慣れも重要な理由

2021/09/01

ネイティブの英語が分からない?慣れも重要な理由

 
英語学習に励む学生や社会人の中で、実践経験を積もうと留学や海外旅行に赴くもネイティブレベルの英語が聞き取れず、自分の知っている英語とは違うと挫折に追い込まれるケースがあります。今回は、ネイティブの英語が分からない?慣れも重要な理由についてお伝えします。
 

ネイティブの英語が分からない?

 
学校での英語教員が話す英語は難なく聞き取れる、また、TOEFLなどの民間英語試験やリスニング教材だと割と聞き取れるといった学生や社会人は少なくはありません。
 
ですが、海外ドラマや映画を視聴するとネイティブ同士がする会話劇を聞き取れないということがあります。知っている単語をせめて聞き取ろうとしても、なかなか難しく内容が全く入ってこない。このような状況に陥る日本人は非常に多いのです。
 
なぜ、ネイティブの英語だと分からないのかといった疑問ですが、これは会話のスピードが速いだけでなく、発声するときに発音方法が変わるといった特徴があり「リンキング」や「リダクション」といった英語の音を省略することへの慣れがないことが原因となっています。
 
また、表現方法もネイティブ独自に略されたりするため、聞き覚えのないケースもあるため、ネイティブ英語が難しく感じるのです。これは、日本人も若者言葉など造語が増えた時と似た感覚だと言えるでしょう。
 

慣れも重要となる理由

 
英語を聞き取るという動作は、慣れも必要となります。
たくさんの英語を聞き取り、文章を把握できるようにするしかないのです。
 
推察・推測力を高めるためには、実践で養うことしかできないため、多くのネイティブと会話して英語に慣れる必要性があります。予測できることで、対処できるようになるのは経験を積み重ねて蓄積するしかありません。これは、スポーツ等と同じで、繰り返し練習し経験値を積み上げなければ上達しない能力となるため、英会話をする時間を増やしていきましょう。
 
しかし、コミュニケーションを楽しめるまでに英語力を仕上げるには、失敗経験が増えることにもなるでしょう。失敗して恥ずかしい思いをすることで、挫けてしまう方も大勢いますが、英語と言う言語ツールを使いこなせる様になるまでに、この失敗の経験が大切でもあります。失敗を繰り返しながら調整することで、ネイティブレベルの発声などに近付けるようにもなるため、失敗に臆してはいけません。
 

まとめ

 
最初はネイティブが話す英語は魔法の様に、聞き取れないとしても仕方がありません。
日本で販売されているリスニング教材などは、発音などが聞き取りやすい物が多く、日本人でも聞き取れるといった勘違いを生んでいることがあります。実際に、字幕なしで洋画を視聴したり、ネイティブと会話すると全く聞き取れないケースも起こり得るため、聞くことへの慣れも大事です。聞く事への対処方法は、英語を理解するだけでなくネイティブの発声する英語に慣れていくトレーニングが必要となります。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約