英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

やり直し英語学習は一体なにから始めればよい?

2021/09/01

やり直し英語学習は一体なにから始めればよい?

 
社会人や大学生が英語学習に本腰を入れて始める際に、行きあたる問題がどこから始めるべきかです。中学レベルの英語からなのか、英会話スクールに通うべきなのか迷うといった声をよく耳にします。今回は、やり直し英語学習は一体なにから始めればよい?についてお伝えします。
 

やり直し英語学習は失敗ばかり!

 
国際化社会と言われる現代において、英語が必要とされるシーンは増えています。
学生の留学や社会人のビジネスパートナーなど、外国人と接し成長しなければならないケースは少なくありません。
 
しかし、英語を苦手とする日本人にとって、英語をマスターしようと考えた際に、どこから手を付けるべきか悩むといった方は大勢います。話せないと意味がないからといったニュアンスで英会話スクールに通ってみたはいいけれど、英語を話せる様にならない。受験英語でペーパーテスト対策してきたけれど、実用レベルの英会話すらままならない学生も沢山いるのです。
 
そこで、やり直し英語学習に取り組むけれど成長できず時間だけが過ぎていくといったケースも非常に多く、とりあえず単語や語彙力を増やそうと努力する方や、ディクテーションやシャドーイングを実践してみるけれどダメだったという方ばかりです。
では、やり直し英語学習を失敗させないためには、何から手を付ければ良いのでしょう。
 

やり直し英語学習で大切な事

 
やり直し英語学習は、自身が英語の何を分かっていないのかを明確にすることから始めます。英文を間違いなく構築することができるのか、相手の会話を聞き取れるのかなど、自身の英語力をまずは明確にした方が良いでしょう。
 
この際に、中学レベルは大丈夫など侮ってはいけません。実際に、中学レベルの英語力さえ身に付いていない方は少なくありません。英語の基礎構造を理解できていなければ、英語習得までの道のりは遠いため、自身過剰になり過ぎない様に注意しなければなりません。
 
また、英語の基礎を疎かにしてしまっては、英会話スクールに通ったところで、フレーズ集を暗記するのがやっとでしょう。必要とされる英語力というのは、様々なシーンで必要となるコミュニケーションを図れる高い英語力です。そのことを考え、英語学習に取り組まなければ、実用レベルで扱うのは困難となります。
 
基礎からしっかりと理解し、段階を経て成長させていくのが語学力だということを忘れないでください。
 

まとめ

 
英語のやり直し学習に取り組む方は、年々増えています。
しかし、英語の基礎を疎かにして英会話などから取り組んでも、英語力が高まることはほぼありません。正しく自身で英語を組み立てられる力を養い、会話を増やしていくといった状況にしていかなければ、英語をペラペラ話せる様な状況にもなりませんので、自身の力を見極め基礎からしっかりと学んでいくことが大切です。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約