英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

英語への苦手意識を克服するには諦める状況にしてはいけない!

2021/09/01

英語への苦手意識を克服するには諦める状況にしてはいけない!

 
大学受験や就職活動など、現代の日本社会において英語試験をパスしなければならないシーンは増えています。しかし、大人も子供も英語への苦手意識を克服できていません。今回は、英語への苦手意識を克服するには諦める状況にしてはいけない!についてお伝えします。
 

諦める状況を作ってしまうと厳しい!

 
諦めは肝心。このことわざは、努力をしなくてよい大義名分になってしまうことがあります。人生も諦めが肝心なんて言って良いのでしょうか?
 
まず、諦めるとは、希望や見込みがないと思ってやめる。断念する。といった事が辞書には記されています。ですが、諦めるの語源は「明らかにする」から来ているとされています。
「明らかにする」とは、はっきりさせる。解明する。このことから、考えるに「諦める」≠「終わり(The End)」ではないのではないでしょうか。
 
希望を見出し軌道修正し、柔軟に対応していくことで「諦めない」に変えることができると思いませんか。英語学習の様に、日本人の多くが諦めてしまう学習も、習得困難な教科と考えられていますが、絶対に出来ない習得不可能な語学ではありません。日本人でも英語習得している方は沢山います。だからこそ、英語学習に対する拒絶反応に無理といった判断や諦めが肝心で済ましてはいけません。必ず切り開く方法があるのです。
 

英語を諦めないにはどうするべき?

 
国際化が進む現代社会において、英語というスキルは習得できないものと切ってしまうのは無謀でもあります。中学・高校・大学と長い期間を費やしてきた学業を、すっぱりと無かった事にしてはいけません。仮に、就職後にやり直し英語学習することを考えると、学生時代からしっかりと取り組み、使える英語力に変えた方がメリットも大きいでしょう。
 
では、どうするべきかといった疑問を抱く方は大勢います。
その答えは、簡単です。英語にはルールがあります。そのルールを理解するための学習を1から取り組むことです。
そもそも英語はコミュニケーションツールですので、れっきととしたゴールがあります。相手と対話出来れば問題ないのです。
そのレベルが低くても、使う事・学ぶことを続けれていけば成長させることのできるスキルとなります。
 
そのため、一度の失敗や伝わらないといった経験をしたとしても、挫折する必要性もありません。
調整が必要不可欠な語学学習は失敗してもいいんです。最初から全て完璧に熟せるほど簡単ではありません。それは、日本語も同様なのです。
 
むしろ、世界でトップクラスの難しさを誇る日本語を操れるのですから、正しく英語の構造や規則を理解し取り組んでいけば身に付けられない語学ではありません。
 

まとめ

 
諦めてしまうことは簡単です。ですが、語学学習は諦めず努力することで、スポーツなどと同様に積み重ねた分だけ成長します。
ただし、むやみやたらに暗記したり英会話ばかりに取り組んだとしても、英語の正しいルールを理解できていなければ成長は難しく失敗してしまう事でしょう。
ルールを無視せず、正しく語学の基礎構造や規則といった概念を理解して挑戦し続ければ、必ず高い英語力は養えます。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約