英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

受験英語やTOEICで差が歴然と現れるリスニング!

2021/09/02

受験英語やTOEICで差が歴然と現れるリスニング!

 
大学受験やTOEICを控えた学生にとって鬼門となるのが、リスニングパートとされています。ネイティブスピーカーが話すナチュラルスピードにより近い速度で英語が再生されることもあり、聞き取れないという学生も少なくありません。今回は、受験英語やTOEICで差が歴然と現れるリスニング!についてお伝えします。
 

英語を聞き取れないは致命的

 
受験英語やTOEICなどの民間英語試験で、周りのライバルと明らかな差が生まれるのがリスニングパートだと言えるでしょう。ネイティブスピーカーが話すナチュラルスピードに近い速度で話される音声を聞き取れなければスコアアップは図れません。
 
リスニングパートを苦手とする学生の多くは正解率が5割に満たないこともあり、このパートが勝負のカギを握っているとも言えます。試験に余裕を持って臨むためには、リスニング力の向上が必要不可欠となるのです。
 
そして、リスニング力は1日2日で向上が望めない継続学習が必要となる要素ですので、受験前から急にレベルアップを図ろうとしても難しいため、早期対策していかなければならないポイントとなります。
 

リスニング力を高めるための英語学習

 
英語学習においてリスニング力を高めるには、英語を沢山聴くことが大切です。
「継続して聞く」を繰り返すことで、リスニングするための耳が養われていきます。
洋楽や洋画に海外ドラマでもいいのです。毎日数分・数十分でも英語を聞くことを続けることが重要になり、「聞き流す」ではなく「精聴」することが重要になります。
 
意識を向けて精聴することで、単語であったりイントネーションなど聞き分けなければならない情報が沢山あり、英語耳を養うには時間が掛かります。発音されない音などリエゾン(リンキング)といった変化にも慣れていかなければいけません。
 
また、英語を聞き取る際に重要なのが、英語の基礎構造や規則を理解していることが重要となります。
ネイティブスピーカーのスピードの速い英語を把握するには、英語の基盤が理解できていなければ到底リスニング力は向上しません。まずは、英語の基礎力を高めていくことも大切であることを理解してください。
 
そうして、英語とイメージがリンクするようになると、聞こえる言葉の意味も把握できるようになっていき、リスニング力が高まっていきます。
 

まとめ

 
受験英語やTOEICなどの民間英語試験でのリスニングパートで結果を残せなければ、ハイスコアを獲得することは困難となります。だからこそ、リスニングパートをクリアすることが出来れば、ライバルとの差を広げるチャンスにもなるのです。
リスニングは暗記とは違い、英語耳を養い英語への理解度を向上させなければなりません。1日2日程度で向上させることが難しいスキルですので、早期対策していくことをおすすめします。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約