英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

大学受験のリスニングパートのスコアアップも英語総合力が大事

2021/09/02

大学受験のリスニングパートのスコアアップも英語総合力が大事

 
大学入学共通テストへと変更され英語試験も、リスニングパートの配点がリーディングパートと同じとなり、学生にとってはリスニング力の強化も重要となっています。今回は、大学受験のリスニングパートのスコアアップも英語総合力が大事な理由についてお伝えします。
 

受験英語のリスニングパート

 
大学入学共通テストへ変わり、リスニングとリーディングの得点比率が1対1となり、英検2級レベルまでの英語力が必要とされ、流れる英文も1回しか流されないケースもあることなど変更点がいくつか増えました。
 
この変化は、より英語への深い理解が無ければ、ハイスコアを獲得できない仕様へと変更されたと言っても良いでしょう。センター試験を採用されていた頃は、リーディング問題中心の試験と言っても間違いではありませんでした。250点満点のうちリーディングが200点を占める割合でしたので、暗記力で対策が可能ともされていました。
 
しかし、現在の1対1の割合では、暗記力だけではなく、英語総合力が高くなければ解答するのが難しいと言えます。だからこそ、リスニングパートの出来栄えにより、ライバルとの差を広げることが出来る状況でもあるのです。
 

リスニング力アップのための学習法

 
リスニング力をアップさせる方法として取り入れられるのは、シャドーイングやリエゾンを取り入れていく学習法がネットなどで紹介されることが多いのですが、実際には英語の基礎構造や規則といった概念を正しく理解しておく必要性があります。
 
単語や語彙部分はリーディングパートでも必要不可欠であるため、必死に暗記する学生が大勢いますが、英語の文法の知識が足らずに、自身で英文を構築する能力が低ければ、相手の話す内容を部分的にでも把握することが出来ず回答できません。
 
ただ聞き取れるだけでもダメですし、リーディングが出来るだけでもダメなのです。
相手の話している内容・情報を把握し、質問に対して正しい答えを導き出す必要性があるため、これは会話をしている状況となんら変わりないのです。どういった状況でどんな会話劇を繰り広げているかイメージし、話している内容が見えてこなければ正しい解答は難しいため、英語の基礎部分の強化を行い、相手の言葉を正しく理解する。英語耳を養っていかなければリスニングパートで結果を残すのは難しいと言えます。
 

まとめ

 
リスニングは、音声を聞いて意味を理解するといった瞬時に情報を統合し把握するといったレベルの高い英語力を身に付ける必要があります。そして、その土台となる英語基礎力をしっかりと高めなければ、シャドーイング学習などから得ようとする力も養われませんので、まずは英語基礎への理解を深めて取り組むことをおすすめします。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約