英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

TOEICハイスコアも使える英語と使えない英語で差がつく

2021/10/01

TOEICハイスコアも使える英語と使えない英語で差がつく

 
民間英語試験のTOEICは、就職や受験でプラスに働くこともあり、多くの学生や社会人が受験します。そして、TOEICでスコアアップを図るための学習をして結果を残そうと努力しますが、その勉強法にも違いがあるのです。今回は、TOEICハイスコアも使える英語と使えない英語で差がつくについてお伝えします。
 

TOEIC試験のスコア

 
民間英語試験のTOEICを受験することになれば、目標とするスコアは600点でしょうか?それとも800点以上でしょうか?自身が目指す目標スコアがあるはずです。
 
そのスコアを達成することで、就職や大学受験にキャリアアップを有利に進められるといったメリットがあるため、必死にTOEIC対策をする学生や社会人が大勢いる状況です。
 
TOEICは2技能で英語力を測る試験ですので、日本人でもハイスコアが取りやすいことでも有名なのですが、このハイスコアを取る方法も人それぞれ。過去問を沢山解くや単語や文法を覚えて臨む方、英語基礎力を高めて英語を使える様に仕上げ挑む方など、英語力の鍛え方にも違いがあります。
 
このハイスコアに価値を見出すには、どちらが最善か考えてみましょう。
 

TOEICのハイスコアも使える英語力が望まれる

 
TOEICでのハイスコアの活用するシーンは増えているだけでなく、学習方法も多岐に渡ります。しかし、インプット主体のみで勝ち取った場合には、現代の社会では通用しない英語力とされ、ビジネスシーンや留学といった場面での活用できる能力として認められない傾向にあります。
 
従って、TOEICのハイスコア獲得を目指す場合に大事とされるのは「使える英語力を養うことが大前提である」ということを理解して学習する必要性があるのです。
先を見据えた英語学習をしなければ無駄に手間が増えるだけですので、英語力向上を目指すのであれば、使える英語力を養う学習に取り組んでいるかが重要となります。
 
使えない英語力で競うのではなく、使える英語で世界の舞台に上がれる様にすることが大切であり、TOEICのハイスコアもそこから生み出された方が、将来的に活用シーンが増えてきます。
何が大切な英語力であるかを考え、TOEIC対策などの英語学習に取り組む必要性があるのです。
 

まとめ

 
TOEICのスコアは現代社会において、学生や社会人にとって有益な状況を生み出す試験の一つだと言えるでしょう。ただし、ハイスコアを獲得するに至るまでの英語学習法や身に付けた英語力によって「状況を好転させる英語力」と「現状が変わらない英語力」というものが存在するのです。
そのため、TOEICなどのスコアアップだけでなく、様々なシーンでも使える英語力を養う学習に取り組むことをおすすめします。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約