英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

シャドーイング英語学習法は、どんな能力に影響を与える?

2021/10/01

シャドーイング英語学習法は、どんな能力に影響を与える?

 
音声を追いかけるように発話するシャドーイングは、英語学校や英語運用能力の高い人が運営しているサイトでもオススメされることの多い学習方法でもあります。今回は、改めてシャドーイング英語学習法は、どんな能力に影響があるのか簡単にお伝えいたします。
 

音を聞いて発話する間に課題となるポイント

 
まず音を聞き取るためには、音の知識が必要になります。
発音知識がなければ、流れている音声が英語と認識されずキャッチすることもできません。
そして、英語を聞くという行動に慣れていない方ですと、TOEIC試験などのリスニングセクションで音声を必死に聞こうと集中してしまい内容が残らないという悩みを抱え、意味を理解するまでの処理速度が課題となっている人も少なくありません。
 
発話するためには構文力と発音知識が必要となります。
日本語にない音を多く持つ英語には、日本人にとって発することが難しく舌や顎の使い方を体に馴染ませながら矯正していかなくてはなりません。また、発音だけではなく、多くの日本人が苦手としている英語の構築が必要となるのもアウトプットの特徴でもあります。
 

シャドーイング学習で得られる効果

 
音への理解を深めながら英語を聞くことで、集中しなくても拾える音が増えるだけではなく、英語をキャッチする労力が減ることで長時間のリスニングでも集中力を維持しやすくなります。
 
また、音声知覚から意味理解までの処理速度アップにつながるコンテンツのシャドーイングを行うことで、英語を英語として受け止める回路が形成されていき、タイムロスにつながる日本語英語からの脱却を促すトレーニングにつながります。そのため、内容理解のスピードアップや記憶維持の強化を図れるという利点があります。
 
そして、英語の音というのは正確な発音だけではなく、リズムやアクセントにイントネーションが大切になります。音を真似していくことで、相手の音を聞き取りやすくなるや自身の英語が伝わりやすくもなるというメリットがあります。
 

まとめ

 
シャドーイングは、音声を聞いて瞬時に発話する必要があるため、リスニングとスピーキング技能への影響は大きなものになります。そして、TOEICやTOEFLといった試験だけではなく、英語力を使えるものへと昇華させるためのトレーニング方法としても有効になります。
ただし、基礎力が低い方は効果を十分に得られないこともありますので、取り組むべきレベルに達しているのかは見誤らないように注意しましょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約