英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

英会話や英語試験に共通する。英語力が伸びる人の共通点

2021/10/01

英会話や英語試験に共通する。英語力が伸びる人の共通点

 
英語学校で同じカリキュラムを受けても、なかなか英語力が伸びずに挫折してしまう人と、目標に向かい英語力を着実に向上させていく人と分かれます。今回は、英会話や英語試験に共通する。英語力が伸びる人の共通点についてお伝えします。
 

成功の切符を手にする学習者の共通点

 
英語を習得するためには英語知識が必要となり、習得するには学習を行うことが必要不可欠になります。しかし、学習段階で躓いてしまう人が多い状況でもあります。
 
継続させるためには、モチベーションの維持、自身に合った学習計画、習慣化による学習の負担軽減など蔑ろにしてはいけないポイントがあります。その中で、英語習得を志す動力となっている習得目的が曖昧でないかにも、目を向けなければなりません。
 
例えば、旅行のための英会話レベルを目的とし掲げている人。日常英会話のレベルも曖昧ですし、達成すべき期限もありません。具体的ではない漠然とした目的では、現状の英語力と目標に必要な英語力の差が見えてこず、結局のところ不確かなゴールラインという意味合いとなってしまうため、モチベーションの維持が難しくなります。
 
また、TOEICでのスコアを目標とし、昇進のため、就職のためと志す人も多いと思います。
しかし、これではスコアを取り昇進できれば良いのか。という問題に発展します。
問題を解くことに特化した英語学習では、使える英語力を養うことはできません。
海外駐在、ファシリテーターと言った昇進の先で任される業務についても視野を広げなくては本当に必要な英語力、求められている英語力を身に付けることができないのです。
 

英語学校でも目的の明確を

 
総合塾や進学塾というのは高校や大学受験合格を目標とし、TOEIC試験に特化した学習機関でもスコアを目標としてカリキュラムが組まれている傾向にあります。そのため、目的を明確することなく、目先の目標をクリアするための授業が行われてしまうことも少なくはありません。
 
自分自身で英語という語学を将来的な目線でどう活用したいのか、人生設計も踏まえていつまでに、どのレベルの英語力を身に付けるべきか考えることもできるのですが、自分自身で計画スケジュールを立てるのが難しいという場合には、個人の英語習得の目的について考え、学習計画のアドバイスが貰えるような英語学校に通うのも大切です。
 

まとめ

 
英語をマスターするためには、頭でわかっていても上手く使いこなせないポイントが多く、屈することなく取り組まなくてはなりません。そして、その一つが英語習得目的の明確化になります。
また、英語学校に通えば英語を習得できるわけではありません。目先の段階目標を達成したら終わりという機関が多い状況が問題でもあります。学習機関が行っているメソッドやカリキュラムの内容に目を向けることも大切ですが、英語力を身に付けるという総合的な目線で寄り添ってくれる学習機関を選ぶことが大切になります。
 
LIBERTYは、生徒の学習面だけではなく精神面にも目を向けサポートさせていただくコーチング型の英語学校になります。そして何よりも目先の就職や大学受験といった目標だけではなく、将来的に活きる英語力を身に付けることが出来ます。
最短で確実にネイティブと同等の高い本格的な英語力を習得したい方は、ぜひ一度LIBERTYの無料カウンセリングへお越しください。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約