英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

英語発音学習は誤った音で認識しない勉強でステップアップ

2021/10/01

英語発音学習は誤った音で認識しない勉強でステップアップ

 
英語の発音がおかしくても対話する相手が一生懸命に理解しようとしてくれることもありますが、使える英語習得を目指すには改善しなくてはなりません。正しく発音するのは難しいと感じるでしょうが、英語発音学習は誤った音で認識しない勉強でステップアップすることが重要です。
 

押さえておくべき基本

 
長い文章を読み、一度にリエゾンやリダクション知識を蓄えながら発音力を高めようとする方もおられますが、一つ一つの音を理解しないまま取り組むのは少しばかりリスクがある学習方法になってしまいます。
 
まず母音と子音の存在を理解し、正しい口や舌に顎の使い方を知らなければなりません。音だけ真似すると発音できているようでも、ネイティブや英語圏の人からすると違う音に聞こえてしまうケースがあります。この小さな違いが大きな誤解へとつながってしまうこともありますので、一つ一つの音を丁寧に発声させ、体に馴染ませていく事が大事になります。
 
そして、母音や子音の短音から単語へと移ります。
単語を発音する際に、最初は舌や顎を確認しながらゆっくりと発声を行い、意識しなくても自然と発音できるようにすることが目標になります。また、単語はアクセントの違いで聞き取りやすさが変わってきますので、伝わる英語力を身に付けたいのであればアクセントにまで意識を向けましょう。
 
このような発音の基礎力を高める練習であったり、フォニックスや発音記号を理解していくことで聞き慣れない単語などに出くわした時でも、音から単語や文章の全体を想像することもできるため、発音への理解は英語力を高める際に重要となります。
 

文章を意識した発音学習

 
英語も文章で発音すると途端にハードルが高くなったと感じる人は少なくありません。
確かに口に馴染みのない英語を発声することになれば、呂律が回らないだけではなくリンキングやリダクションなどにまで気を回せば途端に難しく感じてしまうことでしょう。
 
ですので、英文を発音する際の目標はネイティブレベルを目指すのではなく、日本人でも聞き取りやすいと感じるTOEICなどの試験音声や発音矯正にリスニングスキル強化を目的とし作られた教材を利用し、聞き取ってもらえる英語を発音できるようにすることが大切です。
 
そうしてレベルを次第に上げていき、発音の正誤だけではなく、イントネーションやピッチにリズムといった部分も向上させて伝わる英語力へ成長させることが重要なのです。最初からネイティブレベルの発音は難しいでしょうが、失敗と調整を繰り返すことで、発音も上達していきます。
 

まとめ

 
英語の発音が上達すれば、相手に正確な思いが伝えられ、コミュニケーションも円滑になるため、高めなければならないポイントです。そして、自身の英語が伝わるようになると、自信も付き英語を話すことへのモチベーションアップにも繋がり、英語上達の礎となってくれるので、発音学習にもしっかりと取り組んでいきましょう。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約