英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

英語力が伸びる人と伸びない人の差ってどこにある?

2021/10/01

英語力が伸びる人と伸びない人の差ってどこにある?

 
グローバルな現代において英語力が重要となるシーンが増え、学生も社会人も英語学習に費やす時間も増えている状況です。その中には、伸び悩む方と英語習得できた人がいます。そこには、どのような差があるのでしょう。今回は、英語力が伸びる人と伸びない人の差ってどこにある?についてお伝えします。
 

英語力が伸びる人と伸びない人の差

 
受験英語や民間英語試験にビジネスシーンなど、英語力が試されるシーンが増えています。
特にビジネスでは、グローバルな世の中になり、海外企業との取引が増え、海外進出を考える企業にとっては語学力の向上は必要不可欠でもあり、高い英語力を身に付けなければならない状況です。
 
そして、学生も社会人も英語学習に取り組むのですが、英語習得まで辿り着く方と挫折して諦めてしまう方がいます。日本人の多くは後者に当たるでしょう。
 
なぜ、英語習得までいたらない方が大勢いるのかと言えば、英語学習への取り組み方が間違っていることが考えられます。また、継続して英語を使うことへの意識が低いことが問題なのです。
 
英語を自身で構築するといったトレーニングを毎日続けるなど、英語を意識的に使う時間を増やさなければ、国内で英語力を向上させるのは難しいと言えます。
聞くだけで英語力が高まる教材を使ったり、フレーズ集を沢山暗記しても実用レベルの英語力は養われません。楽して英語力は高まらない事を知っている方が、英語力を伸ばしている事を理解しましょう。
 

使う事に慣れていかなければいけない

 
英語は、コミュニケーションを図るためのツールですので、使える様なトレーニングを積まなければいけません。スピーキングやリスニングも回数を熟して成長させるスキルであり、使わずして能力が向上することはありません。
 
英文章を読むことが出来ても、同じ文章をネイティブが話した場合に、聞き取れるという人は少ないでしょう。英語に触れる時間が少なければ、聞き取れる情報も減り、理解できる範囲も少なくなります。これは、継続しなければ養えない力でもあり、英語に触れる時間を増やすことも大切なのです。
 
そして、英語の構造や規則といったルールを知らずに取り組んでいても、英語を把握することは困難となります。なぜそうなる?といった疑問を解消していかなければ、語学を使うに変化させることは難しいですし、理解することもできないでしょう。
 
まずは、英語の基礎力を正しく理解できるに変えていくことが英語力を伸ばす上で重要なポイントとなります。
 

まとめ

 
英語は現代において非常に重要なスキルといった立ち位置にあるため、習得を願う方が増えているのは事実です。しかし、英語学習に取り組むけれど伸び悩む・諦める方も大勢います。しっかりと力として備える方と失敗してしまう人の違いは、英語の基礎を理解して学習に取り組んでいるのか、取り組んでいないかの差が大きいと言えます。
英語習得への道のりは暗記だけでなく、基礎部分への理解を深めて英語学習に励むことが重要なのです。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約