英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

英語力向上に絶対必要となる独力は「話す・聞く」

2021/10/01

英語力向上に絶対必要となる独力は「話す・聞く」

 
英語学習において独力で伸ばさなければならない能力と言うのも存在します。それは「話すと聞く」力になります。英語習得のためには、避けては通れない、話す・聞くの学習方法についてお伝えします。
 

「話す・聞く」は独力が必要不可欠

 
大学受験やIELTSといった民間英語試験など、英語で結果を残さなければならないシーンでどのような英語学習を進めなければならないのか?それは、英語総合力を向上させることが一番効率よく将来性も見出せる学習となります。
 
そして、インプット学習で攻略できる部分もありますが「話すや聞く」といった能力は、独力で伸ばしていかなければ成長させることが困難な部分になります。従って、時間を費やすことで伸ばせる英語力となります。
 
また、日本人の多くは英語で話すことへの苦手意識やネイティブの英語を聞き取るのが苦手といった感覚を持つことが多いため、基礎英語力が身に付き英語力を成長させようとするのであれば「話す・聞く」のトレーニングも積む必要性があります。
 

使う英語は毎日の積み重ねが重要

 
本物の英語力は、一日にしてならず継続が大切です。
受験英語対策や民間英語対策というのは、ひと時の英語力で突破することができるテストになりますが、ビジネスや海外で通用する英語力というのは遥か高いレベルの英語力が求められます。
 
卓上の空論ではありませんが、机の前に座り解答するペーパーテストに適応できる英語力だけでは、使える英語力は養えません。英語の基礎構造や規則を理解し、英語の根本を理解したとしても、その後は使う時間を伸ばさなければ成長させることはできません。
 
また、目視で英文を追うだけでは、スピーキング能力は向上しませんし、洋楽や海外ドラマを視聴しているだけではリスニング力は向上しません。声に出すことや、精聴し発音やイントネーションを真似てみるといったシャドーイング学習など、動的な学習を積まなければいけません。そして、瞬時に英語を組み立てる能力を向上させなければ、実践でのコミュニケーションを図ることは難しくなります。
 
英語の基礎能力は、英語学校などを利用して正しく理解することは重要ですが、その後の自身の使える英語力は毎日の取り組み方で向上させることが可能となります。
日本人にとって苦手意識が強い「話す・聞く」は、時間を掛けて伸ばしていかなければならないのです。
 

まとめ

 
使える英語力を向上させるには、独力で突破しなければいけない部分があります。
話せる英語・聞き取れる英語、これに関しては、英語の基礎が分かっていても自身で取り組まなければ伸ばせない部分でもあります。なぜ、英語学習が毎日取り組まなければならないポイントがあるのかと言えば、話す・聞くに慣れが必要だからです。
高い英語力を身に付けるためにも、日頃から英語を使う事に意識を向けることをおすすめします。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約