英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

人は失敗や難しさを感じるとなぜ挫折する?英語習得の壁

2021/10/02

人は失敗や難しさを感じるとなぜ挫折する?英語習得の壁

 
何度も英語学習を始めては挫折を繰り返し、習得に至らないという学生や社会人は少なくはありません。なぜ上手くいかない?といった悩みを抱えていることでしょう。今回は、人は失敗や難しさを感じるとなぜ挫折する?英語習得の壁についてお伝えします。
 

人は失敗や難しいと感じると挫折する

 
困難に立ち向かいなさい。
勉強にスポーツに友人作りなどさまざまなシーンで良く耳にする言葉です。
しかし、困難に立ち向かうためには、それを乗り越えるだけの努力や活力が必要となります。
 
失敗が続けば心は折れてしまい成功への道は遠ざかってしまうのです。
英語学習においても、自分の英語が伝わらない・相手の言っていることが理解できないなど難しさを感じるケースが非常に多いこともあり、英語を習得するまでに挫折してしまう方が大勢います。
 
努力と失敗を繰り返しながら成長させる語学学習は、絶望感を味わうこともあり、どれだけ勉強しても成果が現れない状況が続けばモチベーションを保つことも難しく、成功までの道のりが遠く険しく感じられてしまう事でしょう。
 
話せる様になるまで、聞き取れる様になるまでが遥か遠い先にあるように感じ、英語学習の時間を増やしたところで使える英語力を養うことができず、成長していないのには理由があるはずです。英語学習法について見直さなければいけない状況なのです。
 

英語習得の壁

 
英語学習と言えば単語やフレーズ集を暗記するといった学習法が一般的です。
しかし、実用レベルで使える英語力となると、暗記ばかりの切り離された学習では対応できる能力を養うことは出来ません。
 
従って、日本人の英語への取り組み方では、失敗する可能性が高い学習法を続けていると言えます。インプットすることが出来ても、正しく英語を構築する力を養っていかなければ、英語でコミュニケーションを図ることは難しいでしょう。
 
英語には、正しい構造や規則といった概念があります。その基礎を疎かに英語学習に励んだとしても、自身が思い描くような英語力は身に付いていきません。まずは、インプットした情報を正しくアウトプットするための基礎構造を学ぶことが重要です。
 
英会話やリンキングにシャドーイングといった学習から取り組むのではなく、まず英語の核となる基礎構造や規則といった概念を正しく理解することをおすすめします。
英語の土台が出来上がることで、インプットした情報も正しく組み立てられるようになり、最初は発音が悪くても使う機会を増やすことで、次第に調整し流暢に英語を話せるようにもなっていきます。順序を間違う事や端的な学習に固執しないようにしましょう。
 

まとめ

 
英語は難しい。これは日本人の総意といっても間違いではありません。
しかし、高い学習能力を持つ日本人・義務教育がしっかりしている日本であれば、英語習得までの取り組み方を正せば、誰でも習得は可能だと考えています。
意識的に英語は難しい・失敗が怖いといった感情を持って英語学習に取り組んでいるのであれば、基礎から正しく積み上げていく学習に切り替えることが大切なのです。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約