英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

英語が苦手な人は才能がない?英語習得に必要なこと

2021/11/01

英語が苦手な人は才能がない?英語習得に必要なこと

 
英語学校に通っても英語力が上達しなければ、センスや才能がないのかなと諦めムードになってしまうことでしょう。ですが、英語習得に必要なのは素質や才能ではありません。英語は習得に必要な要素を理解し、正しい学習を行うことで苦手な人でも習得可能な語学になります。
 

才能より必要なこと

 
英語は第二言語として様々な人々が使用しています。そのため、英語自体が、かなり習得困難な言語というわけではなく、得手不得手はあるものの習得するために才能を必要とする語学でもないのです。
 
そして、英語を習得するにあたり、必ず必要となるのが語学の才能やセンスではなく、学習の継続です。至極当然のことではありますが、学びを中断すると英語を身に付けることはできません。極端に英語習得を弱点としているのが日本人であり、日本人にとって継続が困難となっている要因について考え改善することが大切なのです。
 

性格と学校教育

 
英語を必要としなくても暮らしていける日本では、逃げ道となる甘えがあることも要因の一つではありますが、英語学習が継続きない理由として考えられるのが性格と学校教育です。
 
日本人は良く言えば繊細やマメといったイメージがありますが、悪く言えば消極的で多少の失敗を気にしすぎる傾向にあります。語学に対して完璧を求めたり、ネイティブと比較し自身の評価を下げ自信を失ってしまう人も多く、失敗が恐いため能力向上には欠かせない実践学習に移行できないという人が大半です。
 
そして、性格よりも大きく関わっているのが学校教育での問題点です。
学校教育で教わる英語は、ペーパーテストで点数を稼いで成績に反映させるためのツールです。そのため減点法式が根付き、余計に失敗してはいけないという気持ちを助長させるものになってしまい、自身の成長している部分が霞んで見えなくなっている人も少なくありません。
 
また、互換性のない日本語に無理やり置き換える日本語英語。使い方について核心に触れることのない授業。分からないを解決するために暗記でどうにかしようとしてしまう学習スタイル。これらは英語を難しくしている要因であり、いくら時間を掛けても成果が見えない、努力が無駄と感じてしまう英語学習になってしまうのです。
 

まとめ

 
英語学習では才能よりも継続させることが大切です。ですが、使い方の分からない暗記した言葉を並べるだけの英語では、難易度は上がり、勉強しても成果が見えなければ、心が折れそうになる瞬間が幾度も訪れることになるでしょう。
 
そのため、継続させるために楽しさを感じる学習方法に切り替えたり、英語運用能力の高い人々が推奨している学習方法に取り掛かるよりも、英語の根本を改善してあげることが重要なのです。
英語への苦手意識や嫌いといった感情を払拭し、成果の見える英語学習を継続させ遠回りすることなくネイティブと同等の高い英語力を身に付けたい方は、ぜひ一度LIBERTYの無料カウンセリングへお越しください。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約