英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

関西学院大学の英米文学英語学専修・言語コミュニケーション文化研究科で身につけるコミュニケーション力とは

2021/11/02

関西学院大学の英米文学英語学専修・言語コミュニケーション文化研究科で身につけるコミュニケーション力とは

 
あなたは、コミュニケーション力と聞いた時どのようなことを思い浮かべますか?
コミュニケーション力とは、友人と楽しく話ができる能力のことだけではありません。
グローバル化が進む現代においては、国境を越えられるコミュニケーション力が注目されています。
 
今回は、関西学院大学の英米文学英語学専修・言語コミュニケーション文化研究科で身につけるコミュニケーション力について紹介します。
 

関西学院大学の英米文学英語学専修・言語コミュニケーション文化研究科って?

 
英米文学英語学専修は、関西学院大学の大学院に設置されています。
「英米文学(イギリス文学とアメリカ文学)、そして英語学(言語学)というものを通して、英語力を鍛錬しながら、物事と世界を広く緻密に読み解く力」を養っています。
 
また、「言語コミュニケーション文化研究科は、「英語の関学」が創立以来の言語教育の伝統を生かし、今日的課題解決に貢献するために開設した独立研究科」で「高い志を持って未来を創造するグローバル時代の担い手となる人材の育成をめざす」ために設立されました。
英米文学英語学専修と聞くと、英語だけを勉強しているようなイメージですが決してそうではないことがわかりますね。
 
参照:関西学院大学
 

現代のコミュニケーション

 
英米文学英語学専修・言語コミュニケーション文化研究科が目指しているように、グローバル化が進む現代で求められているのは英語に対する理解ではありません。
 
英語は異文化コミュニケーション理解を進める手段として存在しているからです。
そのため、関西学院大学の英米文学英語学専修・言語コミュニケーション文化研究科で目指しているように、社会で活躍するためには異文化コミュニケーションへの理解とグローバル化への対応力が必要です。
 
もちろん、これから社会に出ていく学生だけでなく社会人はすでにこれらの力を獲得していなければ現代、そして将来と活躍し続けるのは難しいです。
すでに社会に出ている社会人が活躍するためには、英語を身につけるのが近道になります。
忙しい毎日の中で、最短で確実に英語力上達の実感を得るには、英語を無理やり日本語で置き換える方法で学んできた歪んだ知識を一度リセットし、一から「本物の英語」を積み上げていくことが必要です。
 

まとめ

 
今回は、関西学院大学の英米文学英語学専修・言語コミュニケーション文化研究科で身につけるコミュニケーション力について紹介しました。
現在の社会で活躍するために求められているのは、異文化コミュニケーションへの理解とグローバル化への対応力です。
コミュニケーションの手段としての英語の需要は、ますます高まっていくでしょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約