英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

慶應義塾大学経済学部の一般英語試験の特徴とオススメの対策法を紹介

2021/11/02

慶應義塾大学経済学部の一般英語試験の特徴とオススメの対策法を紹介

 
慶應義塾大学といえば名の知れた超名門校です。大学入試の倍率も高く、全国から多くの志願者が毎年受験します。慶應義塾大学を受験する人にとって英語試験は高得点を出したい科目の1つです。そこで今回は経済学部の一般英語試験の特徴と合格の為の対策方法を紹介します。
 

慶應大学経済学部の一般英語試験の特徴について

 
慶應大学経済部の英語試験は全国にある私立大学の中でもトップを争う難易度です。英語の一般試験は他大学と比べてもボリュームの多い長文読解問題が特徴的です。長文読解は理解力に加え、思考力、論理力が求められる出題傾向にあります。
 
試験時間は100分で問題量と比較するとテンポよく解いていかないといけない為、長文読解では速読力も求められます。また経済学部の英語問題の出題傾向に時事問題や社会現象が取り上げられることがあります。その為日頃からニュースや新聞を見て情報を多く知っておくことも大切です。また試験では英作文も出題されます。100ワード以上での論述が必要なので英作文対策はとても大切です。難関大学部の受験だからこそ合格の為には適切な対策が必要です。
 

慶應大学経済学部合格の為の対策方法

 
経済学部に合格するためには英語試験対策が何より大切です。長文読解は速読力が求められるため、多くの長文読解を読み解き長文に慣れておく必要があります。正確に読み解くスキルを身につける為にも、英文法・英単語・英熟語はきちんと基礎力を付けておく必要があります。また英文読解の出題傾向である時事問題や社会現象を抑えるために、BBCやCNNなどの英語ニュースを積極的に見る事も大切です。
 
100ワード以上の論述が必要な英作文はできれば英語の先生に添削してもらいましょう。自分の論述が伝わっているか、正しい英文章になっているかを添削してもらう事で、論述力を高めていくことができます。いきなり英文論述は難しいと感じる人は、まずは日本語で論述をまとめ、その後に英語で書いていく練習をする方法もあります。
 

まとめ

 
慶應大学経済学部の大学受験は国内でも最難関に属します。特に英語試験は経済学部合格の為にも高得点が必要です。経済学部だからこそ時事問題や社会現象に関する情報が出題されるので、日ごろからニュースなどで情報を得ておくことが大切です。またボリュームの多く長文読解は正確に読み解く力を身につける為には基礎力が欠かせません。難関学部だからこそ速読力や論述力を身につけ、しっかりとした対策が必要です。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約