英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

社内公用語の英語化。何から着手する?時間がない英語学習

2021/11/02

社内公用語の英語化。何から着手する?時間がない英語学習

 
現代のビジネスにおいて、海外展開は必須となりつつあり、優秀な人材を世界規模で確保するためにも英語が欠かせません。そして、社内言語を英語化する取り組みが目立ち始めています。社内公用語の英語化に対応するためには効率良く質の高い英語力を身に付けなくてはなりません。
 

中学英語レベルの基礎固め

 
社内公用語に英語を起用するにあたり、翌日から急に英語で話してくださいと言う展開にはならないでしょう。会社もシステム変更、社員への語学研修など準備がありますので、その準備期間にどれほどの英語力を備えられるかが重要になります。
 
まずは何より、英語の基礎範囲の知識を押さえていなければ、始まりません。
中学英語範囲の知識が霞んでいる人は復習から、初心者の方は中学英語範囲の英単語のインプット、英文法の理解からスタートさせましょう。
この基礎力がないまま英会話レッスンに臨んだり、学習効果が高いと人気のシャドーイングとディクテーション学習を行っても、むしろ非効率な勉強方法となってしまうため、注意しましょう。
 

アウトプットスタイルも活用

 
試験を対象としたインプット中心の学生時代とは異なり、社内公用語ということは生きた英語力が求められることになります。そのため、基礎力を高める段階から使うことを想定した学習に励むことが時短に繋がります。
 
読み書き中心のインプット学習スタイルだけではなく、実践で必ず求められるリスニングとスピーキングを意識し、アウトプットスタイルで発音知識の基礎力向上にも励みましょう。
 

仕事で必要な英語を優先的に

 
早急に仕事で使える英語力を身に付けたい方は、単語帳に掲載されている単語をすべてインプットするよりも、自身の業種や職種によって優先するべき語彙をピックアップして優先的に取り込むと良いでしょう。
 
職場にある備品、メモ書きの内容といった周囲の目につくものから語彙をピックアップしていくのも良いですし、自社ホームページや関連会社のホームページに英語版があるのであれば、大いに役立ちます。
 
また、仕事で使う表現やフレーズを暗記していく学習は手っ取り早く必要な語彙を蓄えていくことができますが、型にはまった英語では柔軟性に欠け自由度が低い言語となってしまうため、勉強を重ねる過程で、自身で文章を構築できるようにレベルアップさせ続けていくことが大切です。
 

まとめ

 
英語の重要性について理解していても、後回しにしている方が大半で、突然求められ焦ってしまう方も少なくありません。そういった場合にも、順追ってコツコツとレベルアップを図ることが大切です。
 
また、早急に英語力を身に付けようとすると、どうしても本質的な英語力のレベルアップを図るよりも、暗記といった小手先のテクニックで英語を扱おうとしてしまいます。ですが、後に英語力が向上しない悩みのタネとなるケースが大半になります。
 
初期学習から使える英語を見据えて上達させたい方、英語の苦手意識を払拭し成果の見える学習を行いたい方、最短でネイティブと同等の高い英語力を身に付けたい方は、ぜひ一度LIBERTYの無料カウンセリングにてご相談ください。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約