英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

千葉大学の薬学部と国際教養学部に合格したい人は英語力をあげるのがおすすめ

2021/11/02

千葉大学の薬学部と国際教養学部に合格したい人は英語力をあげるのがおすすめ

 
最近多くの大学で英語関連の資格所有者に対する優遇措置が行われているのはご存知でしょうか。千葉大学でも個別学力検査(前期日程)において外国語検定試験の成績を英語科目の点数に加点・換算できる制度があります。その為高校在学中に英語力をあげ検定試験でハイスコアを出しておくと受験の合格率を高めることが可能です。今回は薬学部と国際教養学部について詳しくお伝えします。
 

千葉大学の薬学部と国際教養学部の外国語検定試験の換算について

 
千葉大学では外国語検定試験のスコアが条件を満たしている場合、英語試験の加点が可能です。所持している外国語検定試験の点数で入試の英語試験の点数に加点、もしくは入試の英語試験の点数を満点に換算の2種類があります。
 
対象になる外国語試験にはCambridge English、実用英語技能検定、GTEC、IELTS、TEAP、TEAP CBT、TOEFLiBT、TOEIC L&R+TOEIC S&Wの9種類です。薬学部も国際教養学部も外国語検定試験の換算をしていますが、配点は学部毎に異なります。
 
例えば薬学部ではTOEFL72以上の場合、外国語を満点として加算しますが、国際教養学部では80点以上を満点加算とします。学部によって点数配分が異なります。特に国際教養学部は10点加点・20点加点・満点換算と3種類の加点配分が可能です。大学受験前に英語の資格試験で点数とあげておくと加点できるので合格率を高めることができます。
 
参照:千葉大学
 

外国語試験で点数をあげるためには

 
各種外国語試験で点数をあげる為には「習慣化」することが大切です。習慣化することでリーティング・リスニング力を高めていく事ができます。日ごろから英文章を読む習慣を身につけ、毎日コツコツと問題集に取り組むことでリーディング力を高めることができます。1日5分でも習慣化して行うと英語脳を作る事が出来るので、回答を決めるまでの時間を短縮することができます。
 
リスニング力を高める為には、BBCやCNNなどの英語ニュース番組を見たり、英語動画を見て英語を聞くのを習慣にするのがおすすめです。また試験で高得点を出す為には文法理解が欠かせません。英文法理解がしっかりしていれば、応用力も高得点も狙いやすいです。問題集を解くときに、今一度自分の理解している英文法が正しいか確認してみるのも大切です。
 

まとめ

 
千葉大学の大学受験を考えている人は外国語資格試験で高い点数を持っていると合格率を高めることができます。外国語資格試験で高い点数を出すには英語の勉強を「習慣化」する事が大切です。習慣化する事で英語脳を作り、英語力を向上させることができます。外国語試験の高得点加算は受験では優位なので、ぜひこの習慣化を身につけてみてください。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約