英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

なかなか記憶に残らない英単語を覚えていく暗記術

2021/12/01

なかなか記憶に残らない英単語を覚えていく暗記術

 
英単語を記憶に定着させるためには繰り返しのインプットが大切ですが、なかなか記憶に残らない単語というのがあるものです。英単語のインプット学習を効率よく進めるためにも、記憶に残らない英単語を覚えていく暗記術について知っておきましょう。
 

自分専用の単語帳を作らないのも手

 
分からない単語や英文法に遭遇した時に、復習しやすいように自分専用の単語帳を作る方も多いと思います。
しかし、英単語帳を購入して暗記学習を行う場合には、上手く教材を使うことで効率化を図ることが出来ます。
 
教材があるのにも拘わらず、新たに単語帳を作るとなると手間がかかってしまいます。
そのため、一回目に分からなかった単語には黄色のマーカーを引く、二周目で覚えていなかった単語には赤のマーカーでアンダーラインを引くといった印を使い分けることで、暗記できていない単語をインプットしていくことが可能となります。
また、自身が優先して覚えたい単語もピックアップし印を付けると、効率よく必要な単語をインプットできます。
 

なかなか覚えられない単語への対処

 
スムーズに覚えられる単語もあれば、なかなか記憶に留まらない単語もあるでしょう。
ただ文字を見て作業感覚でインプットするだけでは、やはり記憶に残りづらいものです。
そのため、ちょっとした工夫をしてみましょう。
 
一番簡単な方法は、単語の意味をイラストとして隣に描いていく方法です。
これは英単語だけではなく、なかなか覚えられない英文をインプットする際にも活用できます。
 
慣れない言語となると文字として捉えがちですが、日本語を話す時には文字を浮かべるのではなく、イメージを言葉にして相手に伝えようとします。そして、相手の言葉を聞く時にもイメージしながら意味を理解しようとします。
単語のイラスト化はインパクトによって覚えやすいというメリットもありますが、使うことを意識した英語力のアプローチにもつながるためオススメの方法です。
 

まとめ

 
単語を覚えていく勉強は基本学習になりますが、ただ文字を読んで覚えていくだけでは記憶に定着させづらくなります。そして、身近なものであったり、イメージしやすいものは、すんなり入ってきやすいのですが、普段あまり使わない言葉などは覚えづらい傾向にあります。そのため、効率よく英語を習得していきたい方は、ちょっとした工夫で記憶に残しやすい学習に励めるように取り組むのも大切です。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約