英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

英字新聞記者になるには?どのくらいの英語力が必要?

2021/12/01

英字新聞記者になるには?どのくらいの英語力が必要?

 
英字新聞記者は英語力を生かしつつマスコミ関係の仕事をしたいという方に人気の仕事です。では、英字新聞記者になると、どのような仕事内容を行い、どのくらいの英語力が必要か?という点について解説していきます。
 

英字新聞記者とは?その仕事内容は?

 
英字新聞記者は英字新聞の記事を書くだけでなく、日本語の原稿を翻訳したり、海外の新聞記事を読んで選定し転載したりする仕事です。海外で新聞記者になるというよりは、日本国内で在日外国人向けの新聞を作るというイメージの職業になります。
 

英字新聞記者になるには

 
英字新聞記者になるためには英字新聞社に採用されることが一番です。しかし、新卒の採用は、ほとんどありません。ごく稀に欠員が出た場合、中途採用で「経験者」を求めるという採用方法になります。つまり、経験を日ごろから積んでおかなければ、英字新聞記者になることは、かなり難しいと考えてよいでしょう。
日本語や英語のタウン誌やWeb記事などをこまめに書いて実績を積みながら英字新聞社にコンスタントにアプローチしていくのがベストです。
 

英字新聞記者になるにはどのくらいの英語力が必要?

 
英字新聞記者には高い文章力が求められます。しかし、それだけでなく海外のスタッフとのコミュニケーションや取材をする場合に、高い英語力も求められます。
さらに、海外の文化や考え方への理解をしておくことで、より良い記事を書くことができるようになります。一般的には英語力が完成していると捉えることができる英検1級やTOEIC900点以上という高いレベルが必要となります。
 
これらは、独学や大学で勉強することもできますが、専門的なスクールで学ぶ方が近道となるでしょう。
LIBERTYでは完成された英語を体系立てて学べるだけでなく、英語のネイティブが感覚的に捉えている言語感覚を身につけることができます。英字新聞記者になるためには備えておきたいスキルとなります。
 

まとめ

 
今回は、英字新聞記者になるには?どのくらいの英語力が必要?というテーマでお話してきました。英字新聞記者になるのは、かなりの狭き門ではありますが、高レベルの英語を理解し、英語で記事を書けるというのは一生もののスキルとなります。
ぜひ、英語を勉強してビジネスチャンスを広げていけるといいですね。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約