英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

国際ジャーナリストとは?仕事内容や必要な英語力は?

2021/12/02

国際ジャーナリストとは?仕事内容や必要な英語力は?

 
世界で活躍する国際ジャーナリストはかっこいい仕事であると、憧れる人もたくさんいます。今回は、そんな国際ジャーナリストに関して紹介します。早速、国際ジャーナリストとは?仕事内容や必要な英語力は?について見ていきましょう。
 

国際ジャーナリストとは?

 
ジャーナリストとは、メディアを通じて物事を伝える仕事になります。対象に取材をし、それを分析して独自の見解を持って社会に発信する仕事です。
国内の案件ばかりを扱う場合もありますが、国際ジャーナリストとなると活躍の場は世界中のあらゆる場所になります。
 

国際ジャーナリストになるには?

 
国際ジャーナリストになるには、特に資格などは必要ありません。大学でジャーナリズム専攻をしても、国際ジャーナリストとは言えないのです。
国際ジャーナリストは、フリーランスで活躍する人と通信社などに所属して活躍する人がいます。特にフリーランスの場合は、第三者に、国際ジャーナリストであると広く認められる必要があります。
 

国際ジャーナリストの仕事内容は?

 
国際ジャーナリストの仕事内容は、多岐に渡ります。新聞記者や放送記者、雑誌記者や編集者などに関わる場合もありますし、ルポライターやフリーライターとして自費出版をする方や、現地キャスターや報道写真家も国際ジャーナリストの範疇に入ります。
世界中の出来事を自分の目を通して世の中に伝えるという、大きい括りの中にあるのが国際ジャーナリストなのです。
 

国際ジャーナリストの英語力はどのくらい?

 
では国際ジャーナリストになるためには、英語力はどのくらい必要でしょうか?世界各国で取材の段取りをし、取材自体も行うとなると英語力はネイティブレベルでないと厳しいでしょう。特に、世界的権威のある方やエリート層の方にインタビューするときは、そもそも教養のある英語を使わなければ、情報を引き出すこともできません。TOEFLやTOEICの点数で測ることはできません。
もちろん、相手にあわせて砕けた表現や相手のバックグラウンド、状況に配慮して使う単語を選択しながら英語を話す必要もあります。国際ジャーナリストの英語力は、かなり高レベルなものになります。
 

まとめ

 
国際ジャーナリストは、世界で活躍する仕事であり、英語力はかなりのレベルが求められることから、憧れる方も多くいます。国際ジャーナリストになりたいと考えているなら、なるべく早期に、正しい英語を学ぶことが条件になります。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約