英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

20代が転職する際のTOEIC民間英語試験の活用方法

2022/01/01

20代が転職する際のTOEIC民間英語試験の活用方法

 
20代の方も、より良い環境での就労や経験を積むためなど、様々な理由で転職を考えることもあると思います。ビジネス英語力を示す、転職で役立つTOEIC民間英語試験ですが、スコアが低ければ履歴書への記載が逆効果になるため、上手く活用していくことが大切です。
 

転職で評価されるスコア

 
グローバル社会の現代では、顧客や共に働く同僚など、外国人と関わるケースが増えているため、どんな職業であっても英語力は評価されやすいスキルになっています。
日常英会話力が評価されることもありますが、貿易関連会社や外資系企業などではビジネス英語力が重宝される傾向にあるため、ビジネス英語力を示すことになるTOEIC試験は、転職を成功させたい社会人にはスルーすることの出来ない試験とも言えます。
 
ですが、TOEICはスコアが低ければ、英語力の証明にならないため、転職で有利になるスコアを知り目指すことが大切です。
 
応募条件やスキルとしてスコア指定がされている場合には、目標とすべき点数が見えているのですが、スコア指定がない場合には、一般的に履歴書に記載できる点数として挙げられる600点を目指しましょう。そして、この600点というのは転職においても最低限必要な英語力となりますので、転職を考えている方も目指すべきスコアとなります。
 

TOEICスコアを活かす20代の転職

 
20代は経験よりもポテンシャルが評価されるケースもあるため、TOEIC試験で600点を取得していなくても仕事への熱意が買われ採用に至ることもあります。また、スコアが500点程でも語学への学ぶ姿勢が評価され、英語習得の期待値から採用されるということも考えられます。
とは言え、TOEICスコアが高いことで、転職が有利になることには変わりません。
 
海外取引を中心とする商社や国際部門などでは700~800点以上が必要となるため、より良い待遇やキャリアアップを兼ねた転職であればTOEICスコア600点は最低限必要となる点数とし、より上を目指すための学習に励むことが転職を成功させるポイントになります。
 
また、20代の方は未経験の業界へ転職を志望する方も少なくありません。
業界の専門用語を覚えたり、シチュエーションなどをイメージしながら、実践で使える英語力を高められるようにしておくことも大切になります。
 

まとめ

 
20代の転職では仕事への意気込みが評価されることもありますが、英語力は社会全体で求められているスキルでもあるため、仕事で活かせる英語力を持っていることで転職成功率は高まります。
転職先を決めてからTOEIC試験のスコア目標を決めるのも良いですが、ハイスコアを獲得していることで選べる職業・職種の幅が広がるため、転職を視野に入れた段階、もしくは自由に動くことを想定して早めに英語学習に励むのがオススメです。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約