英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

使える英語までの道のりは険しい!高校生が苦労するスピーキング

2022/01/02

使える英語までの道のりは険しい!高校生が苦労するスピーキング

 
英語への苦手意識が強い学生だけでなく、テストで高得点を取れる学生であっても、英語で苦手と感じているのがスピーキング。今回は、使える英語までの道のりは険しい!高校生が苦労するスピーキングについてお伝えします。
 

使える英語の基準について

 
グローバル化が国内に浸透する昨今、学生に求められる英語力も高まってきています。教育改革が施行されたことにより、英語総合力を養う授業が取り入れられ英語への苦手意識が強い学生にとっては、より難しくなったとも言えます。
しかし、学校のテストなどで高得点を取れる学生であっても、英語総合力を養う授業となると簡単だといった印象は持てていないと思います。
 
なぜなら、スピーキングやライティングといったアウトプットの技術を磨かなければならないのですが、単語や文法を正しく構築する能力が養われていないため、話すや書くといった動作が出来ない学生が非常に多いのです。
 
使える英語力や4技能揃った英語力と例えられることが多いのですが、インプットに長けた学生であってもアウトプットするとなると英語を使いこなせないというのが実情でもあります。
 

高校生が苦労するスピーキング

 
高校生だけに限らず日本人が英語で一番苦労するのがスピーキングです。
相手の言葉を聞き取れても、どう返答して良いのか分からない。沢山覚えた単語が出てこない。このような気持ちを持つ日本人は非常に多いのです。
 
また、自身が正しいと思って発した言葉が相手に全く伝わらないケースも多く、日本では通用していたはずなのに、海外留学などしてみると自分の英語に自信を持てなくなるという傾向にあります。
 
コミュニケーションの胆でもあるスピーキング力を伸ばしたいと考えている学生に重要なのは、英語の基礎構造や規則と言った概念を正しく理解する事。そして、実際に実践で何度も使うことが重要です。恐る恐るしゃべっている内は、会話を楽しむことは難しくなります。
 
スピーキング力を高めるのであれば、失敗を恐れず何度もチャレンジしていかなければ、会話スピードであったり発音のクオリティを高めることは出来ません。
 

まとめ

 
英語を使えるようになりたいと考える学生は大勢います。しかし、学校の授業を習っただけでは英語を話せるようになるイメージが湧かないという学生は少なくありません。
求められる英語力は高くなるのに、英語を使えるような印象が持てないのにも問題があります。なぜ、英語を使えるようにならないのか?その問題を解決していかなければ、高い英語力を養うことは出来ないでしょう。現行の教育でも深刻な問題となっている、使える英語力を養うためには、英語の基礎から正しく理解し、アウトプットまでに意識を向けなければ英語力向上は望めません。そして、失敗するのが怖いなどの英語への苦手意識は、一刻も早く払拭することが大切なのです。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約