英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

就職活動中の学生に求める企業が考えるTOEICスコアと英語力

2022/01/02

就職活動中の学生に求める企業が考えるTOEICスコアと英語力

 
就職活動に臨む学生にとっては、自身が志望する企業に採用されるためにアピールポイントを多く築き上げていく必要性があります。そんな中で、どんな学生もが活用できるのがTOEICなどの民間英語試験です。今回は、就職活動中の学生に求める企業が考えるTOEICスコアと英語力についてお伝えします。
 

就職活動中の学生が注目すべきTOEIC

 
TOEICの活用は自身の英語力を測るためだけでなく、進学や就職を有利に働かせられる試験でもあるのです。現代社会において、国際レベルで通用する英語力のある人材と言うのは、企業が欲する人材像でもあります。
 
大手企業などであれば、TOEICスコアを採用基準に取り入れているケースも存在するため、英語力を高めることは大切なのです。大学生などは自身の専攻する分野の能力や技術力だけを高めれば良いといった印象を持つでしょうが、プラスアルファの能力に魅力を感じて貰うことになれば、周りよりも採用される可能性が高まるのは当然です。
 
しかも、それが日本人が苦手とする英語力という面であれば尚の事。
学生時代にTOEICを受験するチャンスも、英語をまマスターするだけの時間はあるはずです。
将来自身がやりたいこと・就きたい企業で採用されるためにも高い英語力を養い、TOEICでのハイスコア獲得を目指すのは悪い選択ではありません。
 

TOEICスコアと英語力

 
現代社会でTOEICスコアを採用基準に盛り込んでいる企業も多いのですが、ここで求めるスコアと企業が求めている英語力の考え方には、少しだけ学生と相違する点があります。
 
企業が求める英語力とは、コミュニケーションを図れる能力であり、海外のビジネスパートナー相手に、商談や交渉ができる英語力なのです。TOEICは2技能の試験ですので、話すや書くといった能力が低くて使い物にならない状況であれば、企業として欲している人材像とは異なります。そのため、いくらTOEICでハイスコアを獲得していても、使える英語力が低ければ採用を見合わせることもあります。
 
TOEICスコアは、あくまで目安であり、使える英語力がなければ意味がありません。
採用試験の面接などで、英語力を試されるケースもあるので、スコアアップだけの学習だけでは意味がないのです。
 
企業が何を求めていて、どういったシーンでの英語活用が必要となるのか理解して英語学習には取り組まなければなりません。
 

まとめ

 
就職活動の際に、企業にアピールできる英語力を養いたいと考えるのであれば、民間英語試験でのスコアアップという手段は間違いではありません。考え方の古い企業などでは、スコアを見て採用するケースも未だにあります。しかし、国際社会で戦っている企業にとっては、スコアだけでなく使える英語力を身に付けた人材を欲しています。英語力でアピールするのであれば、実践で活用できる英語力が備わって初めて効果があることを理解して、英語学習に取り組んでいきましょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約