英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

新卒・転職者に求められる民間英語試験TOEICスコアの違い

2022/01/02

新卒・転職者に求められる民間英語試験TOEICスコアの違い

 
英語力が重要視される現代のグローバル社会では、新卒採用時、中途採用時、いずれにしてもTOEIC L&Rスコアを参考とする企業も増えています。英語力で差別化を図るためにも、新卒・転職者に求められる民間英語試験TOEICスコアについて知っておきましょう。
 

新卒者が目指すべきTOEICスコア

 
企業側が履歴書を参考にして書類選考を行う際に、TOEICスコアによっても評価が分かれ、その基準は500点とされています。
ただ、これは英語を使った仕事を視野に入れていない場合の話になります。
英語力で評価されたい場合には700点以上を目標とするのが理想的です。
 
また、外資系や商社での英語力がなければ仕事が行えない国際部門への配属が希望であったり、社内英語公用語化を取り入れている企業を志望する場合にはTOEICスコア800点以上を取ることで、他者との差別化を図りやすくなります。
ただし、英語力を即戦力として評価する企業では英語の面接が控えていることもありますので、スコアだけでなく実践で使える英語力を身に付けていることが重要となります。
 

転職者が理想とするTOEICスコア

 
転職者の場合、新卒者とは異なり、より即戦力として活躍できる人材であるかが評価ポイントになります。そのため、TOEICスコアは、日本人のおおよその平均点である600点を目指すべきだとされています。
 
また、海外駐在員や海外営業部といった英語で仕事を熟すことが前提となるポジションを目指す場合には、新卒者と同様に800点以上を獲得していることが理想となります。
 
ただし、海外で活躍する人材に求められるのは、即戦力として実用性に富んだ英語力が、より求められることになります。就職してから使える英語力に昇華させればよいと言った考えを持つ方もいますが、賢明な判断ではありません。
志望する企業への転職を成功に導くためには、しっかりと英語が武器となるレベルまで仕上げてから、転職時にアピールすることが大切となります。
 

まとめ

 
新卒者よりも転職希望者の方が、即戦力としての期待が高い分、求められる英語レベルも上がります。また、志望する配属先によっても、企業側が求めるTOEICスコアも変わってきますので、事前に情報を集めておきましょう。
そして、何よりもTOEICでハイスコアを取れたとしても、ビジネスで活きなければ意味がありません。試験ではスコアアップに固執してしまいがちですが、使うことを想定した英語力習得が重要であることを忘れないようにしましょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約