英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

転職?キャリアアップ?TOEIC試験を活用する利点について

2022/01/02

転職?キャリアアップ?TOEIC試験を活用する利点について

 
ビジネス英語を測る試験として日本では最も有名なTOEIC試験。企業が人材を雇用する際や国際部署への配属を決める時の参考とすることも珍しくありません。今回は、転職?キャリアアップ?TOEIC試験を活用する利点についてお伝えします。
 

英語力の証明

 
口だけでは何も根拠がないためTOEICに限らず、多くの人が資格試験を受ける際には「能力の証明」を目的とすることが大半でしょう。また、「海外に住んでいた」「留学をした」というだけでは、英語レベルがどれほどなのか分かりません。
 
英語が流暢に操れるようになる人もいれば、海外滞在しても英語がまったく身になっていない人もいます。そのため、TOEICはおおよその英語レベルを知るための、ものさしとしての役割も担っています。
 
そして、TOEICスコアは人材応募や昇給の要件とされることもあるため、条件を満たすために受験する就活生や、社会人が多い状況でもあります。
 

目標としての活用

 
ダラダラと学習を行うよりも、向かう先となる目標を設定することで、得手不得手などの英語習得への様々な課題が明らかになり、そこから自身に必要な英語学習方法を導きだせるようにもなるため、効率よく英語力を向上させたい学習者は、目標を定めることが重要です。そして、目標として活用しやすいのが民間英語試験になります。
 
就職やキャリアアップの条件とされるTOEIC試験はリスニングとリーディング力を測ることになるTOEIC L&R試験です。2技能という部分では、英語の勉強を始めたばかりの初学者にとっては、挑戦しやすい試験になります。
 
ただし、英語を操るためには、ライティングとスピーキングのスキルも必要となるため、TOEICスコアをいずれ就職や転職などで役立てたいと考えている方は、スコア負けするような英語力とならないよう勉強に励むことが重要となります。
 
TOEIC L&R試験で目標を達成できたのであれば、より使える英語力をアピールできるように、IELTSやTOEFLと言った高度な英語力が必要となる試験に挑戦することをオススメします。
 

まとめ

 
海外駐在のある部署への移動、昇給や昇進などの人材選考時にTOEICスコアを参考とする企業が多い状況です。
試験のために英語を勉強する人も多いですが、英語力を高めながら資格取得に励むのも時短になりますので、まだ就職先や転職先が決まっていない方でもTOEIC試験にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
 
また、TOEICで結果が出ないというかたは、LIBERTYの学習カリキュラムを受講してみてはいかがでしょう。グラマーテーブルを軸としたメソッドで、英語の核を強化することにより、英語総合力を鍛えることができ、民間英語試験でのスコアアップにも繋がります。ご興味がある方は、無料カウンセリングへお越しくださいませ。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約