英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

アメリカの大学の特徴とTOEFLも90点以上の重要性

2022/02/01

アメリカの大学の特徴とTOEFLも90点以上の重要性

 
アメリカの大学は日本でも人気の進学・留学先となっています。誰しもが耳にしたことのある有名大学や語学学校など数多くの教育機関が存在しています。今回は、アメリカの大学の特徴とTOEFLも90点以上の重要性についてお伝えします。
 

アメリカの大学の特徴

 
アメリカの大学への進学・留学を目指す学生にとって、最初のハードルとなるのが語学力と考えることでしょう。英語が話せなければ、コミュニケーションを図れない。英語が聞き取れなければ、授業が分からないだけでなく、危険を回避することができないなど、語学力は最低でも身に付けてから挑戦しなければなりません。
 
アメリカの大学の特徴は、入学試験がなく、日本からでも書類審査に合格すれば入学可能となるため、入学は容易い印象がありますが、卒業は困難となります。
授業のレベルが高く、課題も多いため、単位の取得が難しく、勉強にひたむきに向き合っても付いて行くのが大変だと言われています。
 
そのため、語学留学ではなく、大学への留学・進学した際に、言葉の壁にぶつかっている様では、授業に付いていけなくなります。また、学生同士や教授とのコミュニケーションを図れずにいれば、それがまたストレスにもなりますので、生活・授業ができる最低レベルの英語力を養っていなければ大学生活は難しくなります。
 

最低でもTOEFL90点レベルの英語力は欲しい

 
アメリカの大学の入学基準としてTOEFLやIELTSといった民間英語試験のスコア基準が設定されているため、まずはその基準をクリアしなければいけなくなります。
 
アイビーリーグなどの有名校になればスコアも100点以上などハードな設定がされていますし、日本人でも聞いたことのない大学でも80~90点が基準とされていることが多いので、語学力の向上は必須となります。まずは、90点を目標として、スコアアップを目指していきましょう。
 
TOEFL90点は、海外で仕事に付いても支障が出ないレベルとされています。
英語力としては非常に高いレベルの英語力となりますので、大学の授業や日常生活で困らないレベルになるため、最低でも90点ぐらいのレベルを身に付けておくことを目標にしておきましょう。
 

まとめ

 
アメリカに留学・進学してから英語力を伸ばそうとする方もいますが、語学学習に追われ大学の授業に付いて行くのが難しいというレベルですと、授業に集中できないため、国内の大学に進んでおけば良かったなどの後悔も生まれますので、しっかりと海外でも通用する英語力を養っておくことが大事なのです。その目標としてまずは、TOEFL90点を目指してみましょう。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約