英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

スタンフォード大学やMITで必要となるTOEFL90点の壁

2022/02/01

スタンフォード大学やMITで必要となるTOEFL90点の壁

 
アメリカのスタンフォード大学やMITといった一流大学への進学を目指す場合に、まずやらなければならないのが英語力アップです。今回は、スタンフォード大学やMITで必要となるTOEFL90点の壁についてお伝えします。
 

アメリカでは書類審査の合格が必須

 
アメリカの大学へ進学する場合には、書類審査に合格する必要性があります。
出願時には、願書・高校での成績・エッセイ・推薦状・SAT・TOEFL iBTやIELTSなどの国際基準の英語能力試験のスコアの証明なども必要となります。
 
日本人のみならず、世界の学生が集う有名大学のスタンフォード大学やMITといった学校になると、SATやTOEFLなどのスコア基準も高く設定されているため、高い英語力を養っていなければなりません。
 
学校によっては、このスコアを高く評価する訳でもありませんので、基準よりも少し低くても合格する可能性はありますが、極力基準よりも高いスコアを残せる様に英語学習には励むことをおすすめします。
 

海外大学で必要とされるTOEFLスコア

 
海外大学の多くは、TOEFLスコア70点台から留学・進学できるケースが増えますが、一流大学となると90点から100点が基準となります。
 
TOEFLは、4技能を各セクション30点の配点で120点満点の試験となるため、日本人にとって非常に難しい英語試験の印象も強く、90点を超える事も困難だとされています。
 
しかし、どのセクションでも、20点以上の壁を超えていかなければ、海外大学で通用する英語の基礎レベルはクリアできていないという判断にも繋がります。海外の大学では、さらに専門的な学習を積むことになるため、基礎がおぼつかない様では、まず失敗する可能性が高まります。
 
また、TOEFLは専門的な分野の内容で構成されるため、自分の理解が低い問題などが出題されると理解が及ばないことにもなるので、幅広い知識を養っておく必要性もあります。
ですので、英文を読み解くのが難しいや何を問われているのか分からないといった英語力で臨んでも結果を残すことはできません。
 
英語総合力を養い挑戦してやっと成果が現れる試験ですので、学校でのペーパーテストや共通テストの様な2技能主体の試験対策では意味がありませんので、英語学習への取り組み方にも気を付けましょう。
 

まとめ

 
TOEFLで90点を突破するためには、英語総合力を養わなければ難しい状況となります。従って、英語の基礎力や意味理解を深められるような英語脳を養う必要性が高いと言えます。インプット主体の学習だけでは、成長できませんので基礎への理解を深め、使うことを意識した学習にも取り組んでいき、英語の土台を養っていくことをおすすめします。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約