英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

関西圏で最も最難関とされる京都大学の英語学習は高校とは違う

2022/02/01

関西圏で最も最難関とされる京都大学の英語学習は高校とは違う

 
日本を代表する学術研究拠点でも有名な京都大学は、関西圏でも倍率の高い人気校です。
また、グローバル化により英語学習にも力を入れている大学となります。今回は、関西圏で最も最難関とされる京都大学の英語学習は高校とは違うについてお伝えします。
 

京都大学の英語学習

 
京都大学では、全学部共通で英語学習にも力を入れている大学となり、TOEFL試験などにも積極的に取り組む大学ですので、グローバル化を見据えた人材育成を目指しています。
そのため、学生の専門的な知識の強化だけでなく、英語力アップによる将来の幅を広げる対策を講じてくれる大学です。
 
高校でのリーディング・リスニングと言った2技能主体の授業とは違い「英語を学ぶ」ではなく、「英語で学ぶ」といった海外の大学と同じ水準で高い英語力を養うカリキュラムを組んでいるので、実用的な英語力を身に付けることを目標としています。
 
また、論文などを読み解くには、英語の理解度も高くなければならないので、語彙の重要性や文章構造などを明確に理解していく必要性があるため、英語の基礎力から学ぶことが重要視されているといった学習スタイルをとっています。そして、ライティングやスピーキングといったアウトプット能力も現代社会では必要となるシーンが多いので、しっかりとした英語力を養える大学といった印象を持つことができます。
 

必要となる英語力

 
京大進学に必要な英語力は、英文和訳と和文英訳問題が中心となり、リスニングは出題されません。問題数も多くはないため、精読し理解するといった文章を読み解く意味理解力が求められる傾向が強いです。
 
また、和文英訳と英作文が出題されることが多いため、英語への理解度が低いと突破が困難となりますので、自身で英語を構築する能力は必須と言えます。インプット量を増やしたとしても、自身で英文を構築できない・英文を正しく読み解くことが出来ない状況では、合格は難しくなりますので、英語の基礎力を伸ばすのは必須と言えます。
 
また、進学後には、さらに高い英語学習に臨まなければならないため、英語総合力を養い受験に臨み、合格後も更に英語を使うことに慣れていくといった学習が必要です。
 
LIBERTYでは、あらゆる英語試験で高得点を達成できるようなメソッドで、英語の構造や規則を理解することにより英語の核を強化することができ、英語総合力を向上させることができます。ご興味がある方は、ぜひ無料カウンセリングへお越しください。
 

まとめ

 
関西圏で最も難関とされる京都大学への入学を目指す学生にとって必要とされる英語力は、一夜漬けの暗記で対応できるほど簡単なものではありません。しっかりと実用レベルの英語力を養っていなければ、試験英語と言えど突破は困難となりますので、英語学習の取り組み方も間違えない様にしましょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約